2021.11.14
# ライフ

42歳の妻が青ざめた…「専業主婦」を見下す43歳エリート夫のヤバすぎるモラハラ

モラハラ・DV加害者などの「変わりたいと願う加害者」が集まる学びのコミュニティGADHAを運営しているえいなかと申します。僕自身もDV加害者として妻を傷つけ、離婚寸前までいき、そこから学び直して関係を再構築できた当事者として、このコミュニティを立ち上げました。

GADHAに参加する方の多くは、パートナーから離婚や別居を突きつけられた方です。あるいは、家に帰ったらパートナーやお子さんがおらず、手紙が置いてあって連絡しても既読もつかなくなっている…というような状況の方もいます。

GADHAを自力で見つけたという方もいれば、パートナーから「このサイトを読んで、プログラムに参加して欲しい」といった形で紹介されることもあります。中には、離婚調停員の方から「あなたがやっているのはモラハラですよ」と記事を紹介されて知ったという人もいます。

そんな様々な加害者の方々と話していると、驚くほど多くの共通点があります。本記事では、個人の特定を避けるために実際の事例での事実関係から一部変更した具体的なケースを紹介します。

相談者は43歳の夫・A男さんと、42歳の妻・A子さんの夫婦です。まずは、加害者の方から話を聞いてみましょう。

[PHOTO]iStock
 

仕事も父親も熱心にやってきたA男さん

A男さんは、服装にも気を遣っていていかにも仕事ができそうなスマートな印象です。話し方もテキパキと論理的に、無駄なおしゃべりがあまり好きではなさそうな方です。

「自分は子どもの頃から、親の期待に答えて育ちました。兄はあまり出来が良くなかったのですが、自分は運動も勉強もそこそこできたので、いつも褒められていました。お小遣いとかご飯のおかずも成績によって変わるので、必死でした。

お陰で大学受験も親の希望通り国公立に入ることができました。ものすごく嬉しかったですね。親も大喜びしていました。兄が大学に落ちて浪人したときはお通夜みたいな空気でしたから、あれだけは絶対避けたかったのも受験勉強のモチベーションになりました。

キツかったのは、就活で第一志望に合格できなかった時ですね。あれが人生で初めての挫折だったかもしれない。最大手に入って欲しいという親の期待に答えられず、ずいぶん堪えました。今じゃ笑い話ですけど、「これまで使った塾代を全部返せ!」なんて怒鳴られて落ち込みましたね。」

現在のキャリアが好調だからでしょうか、昔の微笑ましい思い出として語るA男さんは少し笑って話を続けます。

関連記事