「教育格差」について知らなくても“学校の先生になれる”…日本の教職課程における「大問題」

飯田 一史 プロフィール

「がんばればみんなできる」の理念の弊害

――自分の経験を振り返ってみると、小中学校の先生にも「がんばればみんなできる」と言う人が少なからずいたように思います。今回の本に収録された松岡亮二さんの章で、教師の出身階層は中流化傾向があり、そういう比較的恵まれた「生まれ」を背景に学校教育と親和的になった人が教師になって学校に戻る、という指摘がありました。教師は「生まれ」の後押しもあって「がんばればできる」体験の成功者が多く、教育現場に持ち込まれやすい?

中村 それも考えられます。かつて私が教員養成学部で教えていたときに、英語教育専攻の学生に「これからはみんなが英語を使えないと困る時代じゃないですか」と言われたんですね。それで私が「本当にみんなが英語を使わないと生きていけなくなるの?」と訊いたら、彼には意外な質問だったらしく、ポカンとして何も答えられなかったんですね。

実際には中退者がたくさんでてしまうような高校もあり、そこでは、英語よりもまず生徒に生活していく上で必要な国語の漢字や計算のスキルを身に付けてほしいと学校や保護者が考えている場合もあります。関西学院大学の寺沢拓敬先生の研究によれば、実際は日本では一部の人たちだけが英語をよく使っているとのデータもあります。「使う」と言ってもぺらぺらにしゃべれないといけないかどうかも微妙です。

しかし、例に挙げた学生のように、自分の通った学校などで馴染んできた価値観は「社会のみんなが大事だと考えている」と思い込みがちです。

日本の教育制度では多くの場合、高校で進学校とそうでない学校、普通科と職業系の専門学科で分かれますから、高校以降は似通った環境で育った生徒が集まりやすい。それより以前の小中学生のころは友だちの家庭背景に踏み込んで学力などの違いを考えることをしない可能性が高い。そう考えると格差について実感し、自分とは大きく異なる背景を持った家庭について想像する機会は意外と少ないわけです。

もちろん、教職課程の学生すべてが教育格差に気付かないわけではないし、公立校の教員になって現場に出ればわりあいすぐわかります。ただ、何か起こったあとで考えはじめるよりは、事前に知っておけば構えも違います。

[PHOTO]iStock
 

――教育格差の下のほうに位置する貧困家庭の子どもたちが高SES家庭の子どもと同じように「がんばればできる」とは限らないわけですよね。

中村 さきほども言いました通り「がんばればみんなできる」という考え自体が悪いわけではありません。現場では多くの場合「遅れている子も背中を押してあげればできるはずだ」という信念から、子どものあいだに扱いに差を付ける前段階として、同じ条件を与えて「みんながんばろう」と励ましているのかなと思います。実際、励ませばできるようになる子もいますから。

しかし、本人にはどうしようもない、やる気や努力ではどうにもならない格差もあります。十分な家庭のサポートなく育った影響で簡単な計算ができない子もいれば、「おうちでがんばって勉強してね」と言われても自宅では家の手伝いしないといけないとか家族の面倒を見ないといけないといった事情がある子もいます。そういう社会の壁は子どもひとりでは跳ね返せないということも、教員のみなさんや教職課程学生にはあらかじめ広く認識してもらい、格差の問題を現場からもぜひ提起してほしいわけです。

関連記事