2021.11.18
# 戦争 # 日本

第一次上海事変 川島芳子を使った関東軍の謀略

関口宏、保阪正康のもう一度! 近現代史(3)
関口 宏, 保阪 正康 プロフィール

東西の文化が混じりあう流行の最先端都市

関口 しかし、その結果として上海事変が起きたことは事実ですね。

当時の上海という街は、東西の文化が混じりあう流行の最先端都市で、外国人居留地を中心に2万5000人もの日本人が住んでいたと言われています。当時の上海を歌った「上海リル」なんて歌を聴いてみても、この当時としては非常に洒落ていますね。すこしジャズっぽい要素が入っているのかな。

上海港をのぞむ地域に建ち並ぶビル群。この一帯は「バンド」と呼ばれた

保阪 この当時の上海という街は、日本では想像もできないほど様々な文化が混じり合って独特の雰囲気を醸し出していたといいますね。

関口宏・保阪正康のもう一度! 近現代史 戦争の時代へ』は発売中。知られざる近現代史の裏話が満載です。

シーメンス事件の謀略 政争で幕を開けた大正時代
ドロ沼化する大戦 Uボート迎撃に出動した日本海軍
第一次大戦 「ドイツ敗北」の理由を研究した日本軍
735名が犠牲になった惨劇 「尼港事件」と日ソの衝突
9万2000人が火災で犠牲に 関東大震災の悲劇
摂政の乗った車を銃撃! 虎ノ門事件の衝撃とご成婚
「銀行が破綻しました」 大臣の失言が金融恐慌の引き金
第一次上海事変 川島芳子を使った関東軍の謀略
五・一五事件 「問答無用」で殺された犬養首相     ほか

「関口宏のもう一度!近現代史」はBS-TBS、BS-TBS4Kで毎週土曜、12:00~12:54放送中

関連記事