ここにきて、日本のコロナ減少が「ワクチン効果ではない」と言える、驚きの根拠

いつの間にか「第5波」が収まって戸惑う人は多いが、その必要はない。コロナは消えてなくなりつつある—国内外の学者たちが確信するに至る根拠がある。コロナ禍というトンネルの出口が見えてきた。

原因はワクチンじゃない

〈日本は摩訶不思議なサクセスストーリーを作り上げた〉(10月18日、米タイム誌ウェブ版)

〈新型コロナ対策で驚くべき成功を成し遂げた〉(10月13日、英ガーディアン紙)

こう海外メディアから注目を浴びるほど、日本において新型コロナの新規感染者数が9月中旬から激減している。

10月18日、全国で新たに確認された感染者は今年最少の232人。8月20日に、新規感染者が過去最多の2万5868人を記録したのが信じられないほどの下がり幅となっている。東京都では8月13日の5773人をピークに、10月25日は今年最少の17人まで減った。

Photo by gettyimgaesPhoto by gettyimgaes
 

7月から続いた「第5波」はもはや収束したと言って過言ではない。

一方で、なぜ国内の感染者数があっという間に激減したのか、不思議に思う人も多いだろう。厚生労働省の専門家組織はその理由を分析しているが、明確な説明はない。

菅義偉前総理は9月28日の記者会見で「ワクチン接種によって社会全体の感染予防効果が高まり、感染者数も大きく減少してきた」と、「ワクチン接種」が感染者減の要因だと強調した。それに首をかしげる専門家は多い。

「ワクチン接種が進んでいることが要因として重要だと思われますが、それだけでは感染者数減少の急激な速度は説明できない部分があります」

こう語るのは、長崎大学熱帯医学研究所所長の森田公一氏だ。

関連記事

おすすめの記事