25歳妻が青ざめた…突如“失踪”の商社マン夫が「家族ぐるみ」でついていた“ヤバすぎる”嘘

私は浮気調査を中心に、都内を拠点として探偵業を4年営み、現在は探偵選びで迷っている依頼者様に向けて、「浮気調査専門の探偵ナビ | 探偵マッチングラボ」で希望する条件に合った探偵社を紹介している。

浮気も不倫も十人十色。この仕事をしていると様々な人々や思いもよらぬ光景、それに信じられないような“世界”に遭遇することもしばしば。

前編でお伝えした通り、今回の依頼者の千夏さん(仮名:25歳)は夫の修斗さん(仮名:23歳)と小さな娘の三人で生活を送っていたが、ある日夫が突然姿を消した。義実家とは折り合いが悪かったが、事が事だけにすぐに報告。警察への捜索願は義母に任せ、千夏さん自身は私たち、探偵を頼ったのだった。しかしいざ調べてみると、警察への捜索願は出されていなかった…千夏さんが義母の祥子さんを問い詰めると…

前編:25歳妻が絶句…“幸せ絶頂”の商社マン夫が突如「失踪」、そのウラにいた“まさか”の「黒幕」

 

夫が逃げ込んだ先

「息子のためを考えてそっとしておいた。空気を読まずに大騒ぎして恥をかかせないでほしい」

祥子さんの話によれば、失踪する前日、修斗さんはかなり思いつめた様子で「今の生活から離れたい」と祥子さんに電話をかけていた。

photo by iStock

憔悴しきった様子を心配した祥子さんは修斗さんを実家に呼び、しばらくここで暮らすようにと言ったという。

そして祥子さんはさらに衝撃の事実を口にした。

関連記事

おすすめの記事