マスクとワクチンは自己犠牲の精神…? コロナ騒動で分かった「日本人の残念すぎる性根」

中川 淳一郎 プロフィール

コロナ騒動で分かった「日本人の性根」

10月25日、見事なツイートを見た。「すぷらっしゅ@どすべり坂46」というIDなのだが、こう書いた。

〈 打った人の犠牲の上に今がある(という理論になるはず)ので感謝の一つもしてもらいたいもんですね 〉

これには目を疑った。「犠牲」ってあなた、ワクチン、好きで打ったんでしょ? 別に誰もあなたにお願いしていませんよ。

コロナ騒動で分かった日本人の性根はこれだ。

1)オレが我慢してるんだからお前も我慢しろ
2)お上とTVの発言に従わないヤツは反社会的勢力
3)五輪が許されるのになぜ運動会はダメなのか、おかしい! 五輪OKなら運動会もやっちゃおう♪ とはならないw
4)ヤバいことは外国様に従い、外国様の楽しそうな状況のマネはダメ!
5)ワクチンを打つこと、マスクを常時することは社会のためになるのだから、自己犠牲の精神を持たなくてはいけない
6)別にワクチンもマスクも私は苦痛ではないのに、なんでこんなもんを苦痛だと思う人がいるの? あなたは反社会的勢力である!

さて、最後にコロナで発生した【珍対策】を挙げよう。これを見ても「日本人はバカだ」と思わない人間は真正のバカである可能性が極めて強い。

・飲食店に入る時はマスクを着用しアルコール消毒。席に着いたらやれやれ、とばかりにマスクを外す
・飲食店でトイレに行く時はマスクを着ける
・飲食店で会計の段階になるとマスクを着ける
・体温が33.4度と測定されても37.5度以下ならばOKとされる
・飛行機に乗る時は間を開けるのに、機内では密
・新幹線で駅弁を食べる時はマスク外していいけど、他の時はダメ。食べたい人は弁当を食べている人間の近くの席に行き、「自分だけではないですよ!」をアピール
・どんなにスケスケのマスクであっても、とにかく口と鼻を覆う「何か」があればOK
・東京五輪は無観客なのに、プロ野球とJリーグは観客入れてOK
・甲子園大会、アルプススタンドの応援団は「密」なのに、外野席等はガラガラ
・夏の音楽フェスは「密」だと散々批判されているのに、2021年の解散総選挙の演説ではとんでもない「密」状態に
・県をまたぐ移動は自粛要請されているのに、西村康稔・前経済再生担当大臣を含めた多くの著名政治家は選挙の応援で地方へ行きまくり

あまりにもバカバカしいのでもうこれ以上は書かないが、こんなバカ騒動に1年9ヵ月も付き合い続けた日本人がいかに忍耐強い「家畜」であるかがよーく分かった。

自分の人生を幸せなものにするためには、無責任な権威を盲信せず、自分自身の考えを信じて生きるしかない。

 

関連記事