〔PHOTO〕Gettyimages

マスクとワクチンは自己犠牲の精神…? コロナ騒動で分かった「日本人の残念すぎる性根」

【前編】コロナ対策の1年9ヵ月…ゴールポストが無限に動く「無理ゲー」を日本人はいつまで続けるのか》から続く 

あやふやな「仮説」を撤回しない専門家たち

さて、ここからは「ゼロコロナ」という無理筋な野望を抱く「専門家」と、コロナ対策を徹底すれば支持率が上がると考える政治家について述べよう。彼らの発言が網羅された記事タイトルおよび、発言を振り返る。

彼らの拠り所は兎にも角にも「人流を減らす」「飲食店を時短営業にする」「酒を提供しない」「イベントはしない、やっても無観客で」にあった。つまり緊急事態宣言とまん延防止等重点措置こそがコロナ撲滅の切り札だと考えていたのだ。

Gettyimages

だが、「第5波」を振り返ってみると、緊急事態宣言下でも陽性者は激増し、その後、原因もよく分からないまま終息したのである。

厚労省専門家組織「一部地域ではリバウンド兆候も」疫学調査徹底求める(TBS NEWS 10/20)
→〈(厚生労働省アドバイザリーボード 脇田隆字座長)は第6波の感染拡大を早期に掴んで抑え込むため、感染者の濃厚接触者を特定してPCR検査を徹底することが重要だと呼びかけました 〉

小坂健教授 新規コロナ感染者の激減要因問われ「専門家の中でも議論は尽きないといったところです」(スポニチアネックス 10/20)
→〈(元国立感染症研究所主任研究官で厚生労働省クラスター対策班メンバーの東北大大学院・小坂健教授)は「いろいろな説は出尽くしているので、逆にこれから新しい説ができるってことではなくて、やっぱり人の行動とかワクチンっていうのは主たる原因じゃないかとは言われているんですけどね。必ずしも専門家の中でも議論は尽きないといったところです」〉

そして枝野幸男・立憲民主党代表は選挙演説でこう述べた。

〈 せっかく感染者が減ってきたんだから、ここで大規模に国の金で、1人感染者がいたら、その回りに500人、1000人、今ならば検査することができる。そうすれば症状のない感染者を見つけ出して、そこからの広がりを止めて、感染者を抑え込むことができる 〉(毎日新聞 10/19)

 

ここでは脇田・小坂・枝野3氏の意見についてツッコミを入れてみる。

まず、脇田氏は「PCR検査を徹底することが重要」と言ったが、これはもう2020年5月の議論である。検査数を増やして陽性者を増やすことで保健所がパンクする。しかも日本のCt値は「40」でとんでもなく高い。たまたま陽性反応が出た者でさえ隔離し、濃厚接触者追跡をするのはもはや2021年10月の話ではない。2020年5月で終わるべき議論を「専門家様」がまだ言っている。

小坂氏は「専門家の間でも議論は尽きない」と言いつつ、結局「人の行動とかワクチンっていうのは主たる原因」と言った。

この2人の発言は大問題である。理由は「専門家は仮説を一切撤回しない」ということを白状しているからである。

関連記事

おすすめの記事