コロナ対策の1年9ヵ月…ゴールポストが無限に動く「無理ゲー」を日本人はいつまで続けるのか

中川 淳一郎 プロフィール

専門家とメディアの華麗なるダブルスタンダード

ウイルスなんて人間の力でどうにかなるものではない。自然に増え、自然に減る。だったら普通に生きていればいいし、過剰な対策やら行動制限、さらにはワクチン強制などは不要である。人間は死ぬ時は死ぬ。

今、第5波が終息し、日本全国で陽性者が激減している。2回目のワクチン接種率も約7割となり、G7中でも3位の接種率となった。それでも専門家は、相変わらず「ワクチンを2回打とうがマスクは必要」と言う。さらには3回目の「ブースター接種」も決定した。

政府分科会の舘田一博氏に至ってはNHKのニュースで「油断せず 基本的な感染対策は維持する これを私たちの文化として定着させて」と言い放った。

本来、ワクチンを国民の7割が2回打てばこの騒動は終わるはずだったのに、まったく終わらせる気がないのだ。専門家や政治家は常にゴールポストを動かし続けているのだ。舘田氏が言っていることは、つまり、以下をやり続けろ、ということではないか。

・常時マスク。家でもマスク
・ワクチンは適宜打ち続けろ
・メシは黙って食え
・飲食店ではアクリル板とビニールシートを設置しまくれ
・1テーブル2人だけ。3人いたら2つのテーブルにするぞ
・飲食店は大皿料理はやめ、客が帰ったらアルコール消毒しろ
・スポーツやライブイベントは観客5000人、ないしはキャパの半分(ちなみに舘田氏の講演会では満席 ※後述)
・イベントで客はマスクして黙ってろ
・対面会議は禁止。リモート会議にしろ
・百貨店の入り口にはマスクをチェックする門番を配置せよ
・大学はリモート授業(ただし、なぜか小中高は対面授業)
・学校給食は黙食のために「簡易給食」で栄養を減らせ
・マスクをしない人間がいたら注意しろ
・施設に入ったらアルコール消毒をしろ
・施設に入ったらいきなりおでこに体温計を当てなさい
・37.5度を超えると追い出されるが、冬の寒い中、入った時に「33.4度」などと出たら「37.5度ではないので大丈夫です!」と言われる(いや、33.4度だったら死ぬぞ)
・テレビ出演者でいわゆる「タレント」はマスク不要で一般人はマスク着用しなさい
・高速バスの中では酒飲むな、よっぽど腹減ってない限りメシ食うな
・海外に行くな
・帰省も旅行もするな
・県外に出るな
 

実際に文字にすると異常さがよくわかる。これを見て「コロナ対策のためには必要なことだよね♪」と本気で思う人間がいたら、私はそんな人とは一切接点を持ちたくない。はっきり言おう。お前はバカだ。

関連記事

おすすめの記事