〔PHOTO〕Gettyimages

コロナ対策の1年9ヵ月…ゴールポストが無限に動く「無理ゲー」を日本人はいつまで続けるのか

騒動勃発から2年弱の今もなお

コロナ陽性者が激減し、東京では連日「29」や「32」「19」「17」といった数字が並ぶこのタイミングで原稿を書いてみる。

「第5波」は終わったものの、多分、いずれまた「第6波」かインフルエンザの流行が来るだろう。海外ではもうその流れになっている。いちいち陽性者数を発表していれば、数ヵ月おきにドーンと上がり、途端にガーンと下がり、一喜一憂(専門家は喜ぶが)。毎度のように「緊急事態宣言の効果が出た」「マスクの効果が出た」「ワクチンの効果が出た」「皆さんの協力のお陰です」という論が出てくる。

Gettyimages

新規の陽性者が19人と発表された翌日、10月25日の『スッキリ』(日本テレビ系)では、東京都の飲食店の時短解除の様子を紹介していたが、コメンテーターの話は昨年からまったく進歩していなかった。各人が同じようなことを言うのだが、まとめるとこうなる。

〈 これは人々の努力の賜物ではあるが、時短解除なんてされてしまえばここでワーワー騒ぎたくなり、気が緩んでまた感染拡大が進むのが心配ですね。せっかくここまで減ったのに、ここでさらに気を引き締めないと再び増えることになり、これまでの努力が無駄になる。引き続き対策が必要です 〉

MCの加藤浩次は、「締め付けるだけでなくオンとオフの切り替えも必要」と、一瞬、バランスを取ったかのように聞こえる発言をしたが、所詮は「感染対策が大事」と言っているだけである。

これまで5回も同じことをやってきた。その都度「感染症の専門家」や医クラ(ツイッター上の過度にコロナの恐怖を煽る医療関係者)・マスコミ・政治家らによって、同じことに2年近く付き合わされた。素人である私にも「これはちょっとおかしくないか?」ということは分かる。もう騒動勃発から2年近く経っているのだから、いいかげん検証しなくてはなるまい。

 

その前に確認したいのだが、あなたの周りで、コロナで若者がバタバタ死にましたか? 高齢者の死は別です。それは「寿命」です。この前提から以下4点について考えてみる。

1)「専門家」と称される人々がいかに適当でその場しのぎのことを言い続けたか
2)そうした適当な人物を連日起用し続けたメディア・政府・厚労省・各自治体の罪
3)そうした言説を疑うことを知らない日本人がいかにバカで自主性がない愚民だったかが判明した件
4)コロナで誕生した「新しい生活様式」がただの「バカの儀式」でしかない件

本稿内では、ひっちゃかめっちゃかに飛びまくるとは思うが、基本路線としてはこの4点を軸に、2020年1月に始まったコロナ騒動について振り返ってみる。

関連記事

おすすめの記事