2021.11.22
# 日本株

投資歴37年・資産4億円の「桐谷さん」が「株価暴落」の時に考えていること

何年か一度、それは必ず訪れる
桐谷 広人 プロフィール

優待投資家は本当の仲間

――なるほど。そうなると、投資仲間と肝心な情報は共有できませんし、困ってる時にも相談しにくいですよね。

桐谷:ええ。でも、優待株を重視する買い方にシフトしてからは、優待投資家の友人が増えました。情報を共有し合いながら、旨みを分け合うことができる本当の友人です。「この優待株がいい」なんて話を誰かがしたら、みんなで買って、その優待を一緒に使うこともできるんです。

みんなで一緒に楽しむことができる友達がいるって、本当に素晴らしい。もし、私がリーマンショックで大損しなかったら、今より資産があったでしょうが、孤独な人生になっていたでしょう。

 

最近は、「FIRE」を目指す人が増えているそうですけど、私はどうかなと思う。「株で一山当てて、残りの人生を遊んで暮らす」という夢を否定するつもりはないですが、投資だけして残りの人生を生きていくというのは、あんまり世の中の役に立ってないような気がしますし、何より生きてて楽しくないんじゃないかな。

私が言うのも何ですが、株が人生の目的になってはいけないような気が…。まあ、やったとしても、そういう人の5人に4人は、途中で仕事に戻らざるを得なくなると思いますよ。

取材・文/今川芳郎 写真/西崎進也

一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った桐谷さんの株入門
一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った桐谷さんの米国株入門

関連記事

おすすめの記事