72歳になっても元気な桐谷さん(写真/西﨑進也)

投資歴37年・資産4億円の「桐谷さん」が「株価暴落」の時に考えていること

何年か一度、それは必ず訪れる

37年の投資経験を持つ元棋士の桐谷広人氏(72歳)は、現在、株主優待と配当だけで生計を立てており、その資産はもうじき4億円を突破する勢いだという。

その桐谷氏が、7月にダイヤモンド社より『一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った桐谷さんの株入門』『一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った桐谷さんの米国株入門』を2冊同時に刊行した。最近株を始めた人、これから株を始めようと考えている人に向けた入門書になっている。

今回、その桐谷氏にポスト・コロナ時代を生き抜くための投資方法、大切にしている心構えなど、“桐谷流”投資術の極意を聞いた。

岸田ショック、どうでした?

――まず、最近の話から聞かせてください。10月4日に岸田内閣がスタートしてからの1週間で、日経平均株価が700円超下落して、メディアでは “岸田ショック”と報道されました。影響を受けた投資家も多いと思うのですが、桐谷さんには何か影響がありましたか?

桐谷:何の影響もありませんでした。というのも、私はリーマンショックで大損して以降、紆余曲折を経て、株の買い方をガラッと変えまして、あまり世の中の動きに左右されなくなりましたので。

現在は、株主優待のある株や配当の良い株など1000銘柄以上に分散投資して、その利益で生活しています。株主優待と配当を合わせて、4%以上の利回りのある株が狙い目という感じですね。

そして、基本的には「高くなれば売って、安くなれば買う」というシンプルな売り買いを心懸けています。安い時に買っているために、持っている株の株価が、買った時よりさらに下がっても「自分より損している人が大勢いるんだから」と自分を納得させて静観していることが多いですね。第一、売ってしまえば、優待が受けられなくなりますし。

桐谷さんは、チラシの裏に株価やチャートを書いて勉強しているそう
 

こういう投資方法を実践していますので、“岸田ショック”ぐらいの平均株価の下落なんかには影響を受けないんです。

まあ、菅元首相の退陣表明のあと、100円以上上がって上場来高値を更新していたソフトバンク(9434)株が今回の騒動で値下がりしたので、先日100株を指値注文したくらいですかね。ソフトバンク株に株主優待はありませんが、5%以上の配当利回りがありますから、少しでも安いうちに買っておこうと。

関連記事

おすすめの記事