毎日の暮らしに欠かせない「食」と真摯に向き合う人が増えています。地域とつながり畑を耕したり、コロナ禍の飲食店を応援したり、食事から健康を考えたり。食に思いを巡らせ、未来を考える、モデルの高山都さんに話を聞きました。

-AD-

台風のなかで見た農作業が
食への向き合い方を変えた

モデルとして雑誌や広告で活躍する傍ら、エッセイなどで日々の暮らしについて綴る高山都さん。元気なときも少し向かい風が吹くときも、包み隠さず本音で語る潔さ、自然体なライフスタイルが共感を集めている。なかでも毎日の食事作りの様子を配信するインスタライブは近年のライフワーク。視聴者からの食にまつわる質問や悩みに耳を傾けながら、一緒に考える時間を大切にしている。

「20代の頃は仕事も少なくて、家計はカツカツ。毎日食べるものには気を遣いたいと思ってはいましたが、背に腹は替えられない。オーガニックや生産者の顔が見える食材を買いたいという気持ちがあっても、実際売り場に行くと『え、こんなに高いの⁉ 無理、無理!』となって。どうしても『いかに安くたくさん買うか』を重視しがちでした」

30代で仕事が軌道に乗ると、少しずつ食に対する考え方と行動に変化が起きた。

「お財布に余裕があるときは、環境に配慮して作られた食材や、生産者の姿勢に共感できるものを選ぶようになりました。実際に食べてみるとすごくおいしくて感動しましたし、生産背景について知るほど、ありがたいなと思うようになって。自分が食べる食材を誰かが一生懸命作っているんだという、すごく当たり前のことに気が付いたんです」

数年前、多忙な生活のなかで体調を崩した。そのとき支えになったのも食だった。

「薬剤師をしている友人から、知り合いの農家さんが無農薬・無化学肥料で作っている玄米を分けてもらったんですけど、それを食べるようになってから体が軽くなって。食べ物ってすごいなと心底思いました。感謝の気持ちを伝えたくて、佐賀にあるその農家さんの田んぼを訪ねたのですが、ご夫婦で丹精込めて稲を育てていらっしゃって。実はお邪魔したのが台風の日だったんですけど、そんな中でも手作業で雑草をとったり、休みなく作業をされていて。こんなに大変なのか! って驚きました。現場を見て、改めて頭が下がるというか、ありがとうございます、大切にいただきますという気持ちが強くなりました」