太田光の「TBS選挙特番での暴走」、なぜヒドいことになったのか? テレビディレクターの目から見えること

片岡 亮 プロフィール

同番組で「選挙特番はそんなに神聖な場所だったの?」と太田が言っていたのは、前述した問題の原因がまだ整理できていないことのあらわれに見えるが、妻で所属事務所の社長である光代さんから「口の聞き方気をつけなさいよ」と怒られたことを明かしたのは、リスナーよりも激怒する自民党サイドへの謝罪に見えた。「もう審判を待つしかないね。今後の仕事面においても」とまで言っており、これが別の意味で一大事であったことを匂わせる。

太田との仕事歴があるTBSディレクターに話を聞いてみると、「台本どおりにキッチリやる芸人MCが多い中、太田さんは事前にスタッフとあまり多くの言葉を交わさず、意向だけ聞いて本番で一気に流れを作るタイプ。だから、うまく流れが作れてないときは途中で修正させなきゃいけないんですが、それをするのがスタッフと綿密にやり取りする田中(裕二)さんで、彼がいなかったのが大きかったように見える」と言った。

 

「正直に言えば、MCの小川彩佳アナがその役をやるべきだったと思います。『太田さん、いまのはちょっと言い過ぎかも』と言って修正はできたはず」

そこをスタッフがカンペ(紙に書いての指示)で伝えるということもできなかったか。

「無責任に聞こえるかもしれませんが、スタッフ側では気を使いすぎちゃうところがあって、本番での勢いを削ぐからと待ったをかけにくい風潮があるんです。特に芸人さんは勢いで持っていきますから」

関連記事