太田光の「TBS選挙特番での暴走」、なぜヒドいことになったのか? テレビディレクターの目から見えること

片岡 亮 プロフィール

しかし、太田の質問が、単に政治家に意地悪な質問をするものなら、得られる「回答」がない。甘利幹事長への「戦犯ですよね」という投げかけも、大物政治家を困らせる姿を見せる「イジリ演出」にすぎない。それを見て喜ぶ層はいるかもしれないが、それは視聴者が知りたいことを引き出す「取材」ではない。

二階前幹事長に厳しい言葉を投げたこともまた、結局偉そうな政治家を怒らせただけで「太田さんだから聞けた質問だ!」とはならない。

選挙特番の見せ場は結果判明後の立候補者の言葉だ。そこには国民の知る権利を埋め込む「ジャーナリズム」の観点がないと、ただ政治をネタに遊んでいるように見えてしまう。

太田に飛んでいる批判には「無礼だ」というものが多いが、たとえ無礼でも、そのおかげで引き出せたものがあれば「知る」喜びの方が勝る。海外では日本よりも直球で質問するインタビュアーはごまんといるが、ちゃんと「回答」を引き出せれば、毒舌でも優秀なインタビュアーと評価される。太田は甘利幹事長に「日焼けしてますけどゴルフ焼け?」と聞いたが、これはバラエティー番組で相手とのやり取りに困ったときに出す“容姿イジリ”でしかなく、「回答」を引き出す技ではなかった。

 

反省の弁

テレビ番組として見ればそういう分析ができるのだが、ただし本件は「かなり怒っている自民党関係者がいて、局側が対応に追われているようだ」とTBS関係者。視聴者として残念だったという以前に、ヤバい空気があるようなのだ。そのせいか、2日後に放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)では、この失敗を反省する話が全面的に流された。

関連記事