2021.11.14
# ビジネス

「フォロワー50万人」いてもビジネスでは意味がない!? 「ファンが少ないほうが稼げる」意外なワケ

藤 あや プロフィール

ターゲットは絞ったほうがいい

バストアップというのは、美容分野のなかでも特殊なほうに入ります。ダイエットや美肌エステよりも、お客様層は薄いでしょう。

写真はイメージです/Photo by iStock

だから、ブログアクセス数は少なくても不思議はありません。ただ、ブログにアクセスする人は、すでに真剣にバストアップを考えているので、かなりの確率でサロンに予約を入れていると考えられるのです。

しかも高額なので、最初から収益性は高かったと話していました。

「バストアップしたい人」という限られたターゲットに向けて発信しているからこそ、このビジネスは成功したのです。

セミナーを開く。商品を売る。オンラインサロンを主宰する。起業であれ副業であれ、こうしたビジネスがうまくいくかどうかは、フォロワーの数とも自分の知名度ともまったく関係ありません。

裏を返せば、こうもいえます。フォロワーが何万人、何十万人といなくても、知名度などまったくなくても、自分の知識やスキルをビジネスに生かして稼いでいくことは十分可能なのです。

私自身、知名度は決して高いとはいえません。私の起業セミナーの卒業生でも、世間的には「これ、誰?」というくらいの知名度でありながら、年間300万円とか500万円、多くなると1000万円を超える収入を得ている人もいます。

 

もし起業や副業を考えているのなら、「あなたから買いたい」と思ってくれる「コアなファン」がつくように自分のビジネスを練り上げ、その人たちだけに向けて発信していきましょう。

そのなかで、一定数の人たちが自分という人間に価値を見出してくれれば、立派に売上を伸ばしていくことができます。

SPONSORED