2021.11.25
# 韓国

人気ドラマ『イカゲーム』、なぜか韓国で「意外すぎる禁止令」が出されていた…!

教育現場が「懸念」を示し始めた

『イカゲーム』ブームのウラで起きていること

Netflix発の韓国ドラマとして世界を席巻している「イカゲーム」。世界的なヒットとして、出演者達の個性的なキャラ設定や演技も注目を集めるなど一大ブームを巻き起こしていると言える。

この大ヒットに沸き立っている韓国ではドラマの人気に乗じたメディアや商品の動きが活発になっている。勢い立っている「イカゲーム」であるが、そのウラで韓国では思わぬ社会的問題も引き起こしていることをご存じだろうか。

「イカゲーム」ブームが止まらない photo/gettyimages
 

「イカゲーム」が世界で配信されすでに2月半以上が経過しているが、世界規模でチャートでは1位を席巻している。そんな世界的なヒットに上機嫌なのが韓国のテレビ業界と企業である。

現在、バラエティ番組などは「イカゲーム」を意識した衣装やパロディで一色となっていて、たとえば、ドラマのゲームで登場する不気味な雰囲気を醸し出した「ヨンヒ」という少女の人形を真似てBlack Pinkのメンバーであるリサや、Super Juniorのメンバー、シンドンがヨンヒに扮した姿をSNSやテレビで披露し話題を集めている。

その他にも、食品や衣料、文具など様々な商品でドラマのロゴを意識した○、△、□の模様やカラーを用いたりしてドラマの人気にあやかろうとしている様子がうかがえる。

関連記事

おすすめの記事