これでよいのか安い日本。ビッグマック指数で中国やポーランドの下位

賃金が低水準、国際的地位も下落

ビッグマック指数は、その国の賃金水準を判断する基準になる。このところ日本のビッグマック指数はかなり低い値になっており、韓国、タイ、パキスタンなどより低い。9月以降の円安によってさらに低くなり、いまや、中国やポーランドより下位になってしまった。

by Gettyimages

ビッグマック価格がアメリカの6割という「安い日本」

英誌『エコノミスト』が毎年、世界各国のビッグマックの価格を調査、公表している。

2021年6月の数字を見ると、日本のビッグマック価格は390円。1ドル=109.94円で換算すると3.54ドル。それに対してアメリカでは5.65ドル。だから日本のビッグマック価格は、アメリカの62.8%でしかない。

「安い日本」といわれるが、まさにそのとおりだ。

以上のことが、「ビッグマック指数」という指標で表わされている。これはつぎの算式で計算されたものだ。

 [(ドル表示の日本のビッグマック価格)÷(アメリカのビッグマック価格)-1]x100

上述の日本の場合は、[3.54÷5.65-1]x100=−37.2

なお、アメリカのビッグマック指数は、定義によって常にゼロだ。

この値がマイナスで絶対値が大きいと、日本人は、アメリカに行った時に「物価が高い」と感じることになる。一般に、ビッグマック指数が小さい国の人が大きい国に行けば、物価が高いと感じる。ビッグマック指数は、その国の通貨の購買力を表わしているわけだ。

2021年6月におけるいくつかの国、地域のビッグマック指数をみると、つぎのとおりだ。

指数がプラスの国として、スイス(24.7)、ノルウェイ(11.5)、スウエーデン(9.6)などがある。

マイナスでも日本より指数が大きい国・地域として、EU(マイナス11.1)、韓国(マイナス29.2)、アルゼンチン(マイナス30.2)、タイ(マイナス31.0)、パキスタン(マイナス36.3)などがある。

 

いまや日本人は、世界の多くの国に行ったときに、物価が高いと感じる。6月時点でビッグマック指数が日本より低い国は、スリランカ(マイナス37.9)、中国(マイナス38.8)、ポーランド(マイナス39.2)、コロンビア(マイナス40.3)くらいしかなかった。

関連記事