10歳の頃からゴスペル歌手の天才少女としてその名を馳せたアレサ・フランクリン。19歳にしてレコードデビューするが、意外にもヒット曲に恵まれない数年が続いた。ゴスペル、ジャズ、ポップス、R&Bまで何でも歌いこなせるズバ抜けた歌唱力ともつ彼女がなぜ、長い間大成しなかったのかーー。そこには、アレサの壮絶な過去に原因があった。

11月5日に公開される伝記映画『リスペクト』は、アレサがひとりの女性アーティストとしてたどるトラウマ、成功、没落、そして復活の旅を通して彼女の強さと成功の秘密に迫る。アレサ・フランクリンを演じたのは、『ドリームガールズ』(2006)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソン。「ナチュラル・ウーマン」「貴方だけを愛して」など、アレサの名曲を圧巻の力強さで歌い上げ、臨場感満載の音楽映画としても楽しめる作品だ。なんでも、生前のアレサ自身がジェニファー・ハドソンを直々に指名し、映画化にいたったという。

出典/ユニバーサル・ピクチャーズ公式YouTube 

本作の監督を務めたのは、演劇監督として、そして黒人女性として初めてトニー賞の演出賞にノミネートされた、南アフリカ生まれのリーズル・トミー氏。彼女に本作に込めた思いについて話を聞いた。

Photo by Eric Charbonneau (c) 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
-AD-

「リスペクト」は世界の虐げられた者への讃歌

――映画のタイトルにもなった「リスペクト」という曲は、オーティス・レディングが1965年に男性の視点で作詞・作曲したものをアレサ・フランクリンが1967年にアレンジしました。アレサが歌詞を女性視点に変え歌ったことで、この曲は、当時盛り上がっていた公民権やフェミニズムのシンボルとなり、世界的な大ヒットを果たしました。なぜ、この曲を映画の中心にしたのでしょうか?

リーズル・トミー監督(以下、トミー監督): 2018年にこの映画の監督をしないかとスタジオに持ちかけられたときに、"世界で最も素晴らしい声を持つ女性が、自分の声を見つけるのに苦労している"というストーリーにしたいと提案したのですが、実はスタジオは当初乗り気ではありませんでした。本作は私の初めての長編監督作品になりますしね。でも、結局、スタジオはリスクを冒して私のアイディアに興味をもってくれたんです。

「リスペクト」はアレサ・フランクリンのキャリアが飛躍するきっかけとなった曲です。マネージャーでもあった、夫のテッド・ホワイトからのDVや支配から抜け出すために、黒人女性として"もっとリスペクト(尊敬)して"と歌う必要がありました。この曲に彼女自身の人生がかかっていたからこそ、世界中の黒人、女性、様々な差別を受ける人たちの心に響いた。"人生の葛藤に打ち勝ちたい"、そして、"女性の力を信じたい"という彼女の強い思いが「リスペクト」に込められているから、この曲を中心に物語を展開したんです。

(c)2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved