絶好調の「マンガ業界」が、“さらなる飛躍”を遂げるための「2つの課題」

インプレスの「電子書籍市場報告書」によれば2020年度の電子書籍市場において、コミックは19年度から1013億円増加し4002億円。小集講(小学館、集英社、講談社)など大手出版社の決算を見ても各社、電子書籍とライツ(海外版権など)の売上増加により過去最高水準の営業利益を叩き出している。

結果、出版科学研究所調べによるコミック市場全体(コミックス+コミック誌+電子コミック)は3年連続で拡大し、ピークだった1995年の5,864億円を抜き、1978年の統計開始以来過去最大の市場規模となる6126億円に達した。

マンガ業界は我が世の春と言っていい状況だが、さらなる成長のためのボトルネックとなっている2つの課題について書いてみたい。

 

「編集部」不足

電子書店や電子書店系マンガアプリが他社との取り扱い作品のラインナップ差別化を図り、また、自社発のヒットを夢見てオリジナルマンガ作品に乗り出す、または拡大する動きが起こっている。最近では日本発でウェブトゥーン(スマホ閲覧に最適化された縦スクロールのフルカラーコミック)を作る事業を始める企業も続々現れているが、それも含めて、これまでオリジナル作品を手がけてこなかった、または一定規模に留めていた会社がマンガ制作事業に力を入れている。

[PHOTO]iStock

しかし、ここで思い出してほしいのは、2013年から15年にかけて次々参入したIT企業系マンガアプリのことだ。LINEマンガやマンガボックス、comicoも電子書店機能だけでなくオリジナルマンガ制作を手がけているものの、話題作の数で言えばたとえば出版社系のジャンププラスなどには及ばない。

今となっては信じがたいことだが、2014、5年時点ではLINEマンガなどが圧倒的な勝者であり、出版社系はアクティブユーザー数で見れば劣勢、出版社発のマンガは衰退しゆく存在であるかのような語られ方も一部でされていた。

それが2020年代に入るとジャンプラ、マガポケなど一部の出版社系マンガアプリおよび出版社のマンガ事業(紙、デジタル、ライツすべてを含む)の存在感が増した一方で、結局のところIT企業系マンガアプリからはオリジナルのヒット作が続出するような状況にはなっていない。

なぜか?

機能する「編集部」を作れなかったからだ。

個別の有能な「編集者」を引き抜いたり、フリー編集者に外注するだけでは、個別の作家・作品と相性がたまたまよくて跳ねることはあっても、組織全体として「良い編集者が才能ある作家と組む→良い作品ができる→編集部に成功体験とノウハウが蓄積される&ヒット作に触発された良い新人が来る→くりかえし」といった好循環を作り出すことができない。集団としての成功の再現性が低くなり、中長期で見た事業継続性が危うくなる。

出版社に存在する各マンガ編集部には、どんな基準で作品のよしあしをジャッジするのか、どんな風に新人に接するのか、どんなステップで新人を育成していくのか、あるいは編集者の評価基準(報酬に反映されるものだけでなく、どんな振る舞いがよしとされるのかという価値規範も含む)、編集者同士の関係性についてまで、それぞれ組織文化がある。その組織文化は、対象としている読者層の獲得に対して、自社の人的・資金的リソースを鑑みた上で、もっとも有効かつ効率的であるように形作られていったことが多い。

たとえば手堅く特定ジャンルのファン向け作品をつくることが求められている媒体と、コミックス単巻百万部が目標の媒体とでは、おのずと「望ましい作家像・編集者像」は変わってくるし、そこに入ってくる作家も編集者も、求められる振る舞いも変わってくる。

だから、ある場所で優秀だとされた編集者を別の編集部に連れてきたとして、合わなければ/合わせられなければ結果は出ない。編集者を引き抜いてきて別の編集部に据えても、すぐにヒットを出せることはまれだ。

関連記事

おすすめの記事