毎日の暮らしに欠かせない「食」と真摯に向き合う人が増えています。地域とつながり畑を耕したり、コロナ禍の飲食店を応援したり、食事から健康を考えたり。食に思いを巡らせ、未来を考える、映画監督の安藤桃子さんに話を聞きました。

食のあるべき健やかな姿に
気付かせてくれた地

子どもたちの未来のために「わっしょい!」というプロジェクトを立ち上げた、高知県在住の映画監督・安藤桃子さん。みんなで耕している畑にて。今回の撮影では、血脈のようにつながっていく畑の優しさを伝えたいと、あえて作業着でなく、自然素材を使って草木染めした真っ赤なシルクワンピースで。畑作業でもかぶっているというストローハットは、母親の安藤和津さんからのプレゼント。

2014年、映画『0.5ミリ』の撮影がきっかけで高知と出会い、「ここだ!」と本能的に移住を決めた映画監督の安藤桃子さん。新しい地で、結婚、出産、離婚を経験し、シングルマザーとして子育てをしながら、これからの未来のために、食を軸として地域を巻き込んだパワフルな活動を繰り広げている。そもそも安藤さんが食について考えるようになったのには、母親の存在が大きかった。

「子どもの頃、アレルギーのあった私に母が日本全国探し回って有機野菜を食べさせてくれたんです。嚙むと弾き返すような生命力に、命そのものを食べているのだと、子どもながらに実感しました。食は命の根幹ですよね。今のようにオーガニックや無添加という概念がなかった時代から自然食品で育ってきたので、以前は食べるものによっては体調を崩してしまうこともあって。一方で、有機かそうでないかだけで食べものの命を選ぶような行為に葛藤があって苦しかった」

-AD-

高知に来てから、東京では常に頭の片隅にあった葛藤からも解放された。

「撮影で高知に来た時に、日曜市で販売されている野菜のパッケージに、無農薬などの表示が何もないことに驚いたんです。逆に、農薬使用の場合だけ、1回などと回数が書いてある。高知の人たちは、農薬を使わないスタンダードの中にいるんですよね。東京にいた頃と、世界も視点も逆転しました。高知の野菜には在来種も残っていて、それを当たり前に人々が食べている。だから、生きている土地も人もパワフルなんだなと」