日本テレビ系で毎週土曜夜10時から放送されている中学受験ドラマ「二月の勝者」。最強最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人を演じる柳楽優弥さんのインタビューを公開したところ、「二月の勝者、楽しみにしています」「うちも二月の勝者を支えに、受験しました」といった反響をいただいた。第一志望に合格した家庭にも、思うような結果にならなかった家庭にも、それぞれの受験ドラマがあり、進学して終わりではない。「リアル二月の勝者」の世界を生きる人たちに取材し、過熱する中学受験の実態と、それぞれの本音を紹介する。今回は、長男が早慶大系列校に合格した家庭の物語。

-AD-

受験が終わっても楽しみなドラマ

東京都内に住む会社員男性Aさんの長男は、早慶大系列のある中学校に進学した。Aさんの長男にとっては、手が届きそうな位置にあった第一志望の学校だった。

「受験の真っ只中に、二月の勝者を知って、全巻読んでいます。受験が終わった今も、懐かしいし、ドラマ化を楽しみにしていました。息子とドラマを見ながら、こんなことがあったな、と振り返り、こういう子がいた、そうそう、と共感しています。

黒木先生が本人をその気にさせるスイッチを探し、これをやれば上がると教えてくれるところが好きです」(Aさん)

長男は小学3年生の2月から、進学塾に通い始めた。

「地元の公立中は、荒れているとか学級崩壊とかまではいかないけれど、妻もいい印象を持っていなくて……。通常、塾では3年生の2月から4年生のカリキュラムを始めます。志望校は決めていなかったのですが、おぼろげに中学受験をしたほうがいいと思い、自宅から徒歩圏内で塾を探しました。2つあったうち、大手の塾にしました」

成績で分けないクラスを選択

こうして長男の塾通いがスタート。大手塾の、4クラスある中規模校舎だった。通常、成績によってクラスを分け、席順を変える大手塾が多い。「二月の勝者」で描かれるように、トップクラスをめざして勉強したり、クラス落ちしたり。友達と競争し、成績がまるわかりの過酷なシステムだ。

4年生のうちは、成績で分けないクラスを希望しました。楽器とスポーツの習い事をしていて、塾通いと両立したかったからです。5年生からは成績順のクラスになりました。楽器は5年生、スポーツは6年生の夏まで続けました。テスト結果には一喜一憂しましたが、あくせくしないスタートでした」

4年生のときから成績で一喜一憂することがないように成績で分けないクラスを希望した Photo by iStock

Aさんは、長男の塾通いに積極的に関わった。会社の帰りに迎えに行き、勉強を見た。

「もちろん、妻が生活全般のサポートをしてくれます。算数は6年になると難しくて、私もたちうちできませんでしたね。教えていて、よくバトルになりました。

6年生で厳しい時期もありました。ゴールデンウイークのころ、数回のテスト結果が悪く、クラスを落ちてしまいました。激しい感情を見せない息子も、友達と離れるのも寂しいし、悔しかったようで、2時間泣いてトイレにこもっていました」