2021.10.31
# エンタメ

「教育格差」が社会を分断する…いまこそ「ごちゃまぜ」な公立校が求められるワケ

教育における公正の追求はなぜ重要か
飯田 一史 プロフィール

公教育予算削減のためのレトリック

――それぞれが強みを伸ばしつつ、お互い支え合うのは仕事では当たり前ですし、社会とはそういうものだと思いますが、しかし、個々の家庭レベルでは構造的に「卓越性」の追求だけがフォーカスされ、公教育における「公正」の追求という視点は置き去りになりやすいですよね。そして家庭、つまり有権者の多くが卓越性のほうを向いていると政治家もそちらに傾き、政策に反映されていってしまいます。

志水 教育における「公正」は、教師・教育関係者・教育行政といった教育を提供する側が主に考えるものです。保護者ひとりひとりに「公正性を考えて子育てせよ」とまで言うのは窮屈かなと。個人の自由、子どもの選択は大事に決まっていますから。ただ、みんなが自分のことだけ考えると、全体で見たときに失うものが大きい。

公正の追求に関して近年問題なのは、ひとつには教師です。先生が卓越性と公正の両面を意識して子どもに接すればいいのですが、教師も「上位校に○人合格させないと」といった数字に追われている面があり、卓越性に偏ってしまう。

もうひとつは政府です。公正の追求とは全体の底上げですから、手がかかる子もきちんとケアする体制を実現させようとすればお金がかかります。ところが「私立に対抗して公立同士も競争させる」「自由選択だ」と言うと聞こえはいいですが、これは各学校の努力任せにすることによって公教育にお金をかけない、ということです。有権者はこうした政治家のレトリックに騙されないような選択をしていく必要があります。

 

――京都大学の合格者ランキングでぶっちぎりの1位は大阪の公立・北野高校ですが、一方で大阪ではしんどい子たちへのサポートも手厚いそうですね。大阪ではどうして卓越性と公正の追求が共存できているのでしょうか。

志水 大阪では被差別部落問題を背景にした同和教育50年の歴史があります。「学校をもっと民主的にせよ」「マイノリティでも通うことに意味のある学校づくりを」という運動があり、教育現場が公正原理重視になったのです。ただ、現場の教育委員会は伝統的に公正を重視していますが、政治は維新が握っているためにその流れが潰されようとしているのが由々しき事態ではあります。

しかし、大阪で育まれてきた歴史・伝統は「格差社会」と言われる時代にこそ大事にされるべき中身があります。ここにはほかの地域においても参考になるモデルがある。われわれの仕事としては、これを全国に伝え、公正重視の教育の実現をしていきたいと考えています。

関連記事