2021.10.31
# エンタメ

「教育格差」が社会を分断する…いまこそ「ごちゃまぜ」な公立校が求められるワケ

教育における公正の追求はなぜ重要か
飯田 一史 プロフィール

公正重視の考えはほとんど崩れ去った

――ただ、日本では遅くとも高校からは偏差値ごとに輪切りで学校が決まる制度ですよね。同じくらいの学力の児童・生徒を集めるしくみの方が、教える側も学ぶ側もある種効率的な気がしますが、何がまずいのでしょうか。

志水 大阪で起こっていることを例にお話します。大阪は東京に次いで人口が多いものの、私立の中高一貫校が強い東京と比べると、伝統的に府立高校・公立高校が相対的に強い地域です。

しかし橋下徹さんが知事のときに「全県一区」「高校無償化」を大々的に謳い、従来は公立と私立のあいだに存在していた「生徒の○割は公立、私立は○割」という共存共栄のための紳士協定を撤廃し、完全に生徒が選びたいようにする制度に変えてしまった。すると私学は生徒集めのためにいろいろな施策を打ちますから私学への進学熱が高まり、一部の公立が定員割れするようになりました。高校の勝ち組・負け組がハッキリとできた。

加えて、大阪維新の会は「3年間定員割れした公立高校を潰す」という条例を作りましたので、もともと百以上あったうちの定員割れした十数校は再編成の対象になった。

結果、何が起こったか。もともとはみんながみんな大阪の中で偏差値の高い順に通っていたわけでなく、家から通いやすい地元の高校を選ぶ人もいて、いろんな生徒が集まる学校が多かったわけですが、偏差値順でくっきり分かれるようになると、真ん中より下の学校がしんどくなりました。行事や部活でイニシアチブを取るリーダーになる子がおらず、勉強に対してもモチベーションが持てない。教師も「みんな元気がなくてやりようがない」と言うケースも出てきた。中位以下の学校では、生徒同士が触発しあい、支え合うという集団の切磋琢磨が少なくなってしまったわけです。

[PHOTO]iStock
 

――上位の子たちだけはより伸びる環境を手に入れたかもしれないけれども、学校全体で見ると半分の人の学力やモチベーションの平均を大きく下げることにつながってしまう、と。世の中の半分が前向きになれず、能力を向上させられない社会になると考えると、まずい制度に感じます。そういう傾向が全国的にあるのでしょうか。

志水 大きな流れとしては、人々がペアレントクラシー的に個人の幸せを追求し、新自由主義的教育が進む傾向にありますが、本を書く過程で調べていくと、今はまだそこまでではないと気付きました。

たとえば公立校同士に対して競争原理を働かせ、子どもが通う公立の小中学校を選べるという「学校選択制」を例に挙げます。先んじて導入したイギリスをモデルに日本にも持ち込まれ、2000年に品川区が始めたことを皮切りに全国に広がりました――が、大阪は突出して推進し続けている一方で、世の中全体で見るとで歯止めがかかっています。イギリスでは学校選択の自由を実施すると2、3割が地元の学校以外のところへ動き、品川区も約3割が動きましたが、大阪でも数%から1割、ほとんどの地域ではそれ以下です。

なぜか。ひとつはイギリスと比べて政策の強制力が違った。トップダウンで有無を言わせず全国で「これをやりなさい」としたのがイギリスです。一方、日本は様子を見ながらやっていったその結果、どうも機能しないと気付いた。

関連記事