2021.11.23
# ビジネス

2021年の「年末商戦」、じつは「値上げ」と「品不足」がヤバいことになる…!

世界と日本で次に起きる「本当のこと」
鈴木 貴博 プロフィール

影響は長引きそうだ…

理由は外国人労働者の不足です。

東南アジアの工場でもより安い労働力を求めて、ミャンマーやインドネシアなど近隣からの労働力を戦力として活用しています。コロナ禍でそれらの労働力がいったん自国に戻ったのですが、入国の水際対策の関係でまだそれらの労働力が再帰国できないのです。

 

世界経済の回復が始まっているので、それらの工場も稼働を戻したいのですが、今のところ国内の労働力でなんとかできる範囲での最大稼働しかできていない。だから需要をまかなうだけの商品が生産できていないというのです。

これら3つのサプライチェーンのボトルネックを考察すると、一番目の港湾問題は年末商戦までに回復できる可能性がある一方で、三番目の外国人労働者問題は半年ぐらいは長期化しそうです。

そして二番目の停電問題は中国政府の真意がまだ不明なのですが、本格化すれば外国人労働者問題とは違う形でより長期の影響を及ぼす可能性があります。

関連記事

おすすめの記事