2021.11.23
# ビジネス

2021年の「年末商戦」、じつは「値上げ」と「品不足」がヤバいことになる…!

世界と日本で次に起きる「本当のこと」
鈴木 貴博 プロフィール

たとえばこの影響は日本だと100円ショップに品不足の形で出始めています。

中国政府がどれだけの規模で計画停電や温室効果ガス排出の抑制政策を行っていくのか、まだその全貌は見えませんが、一見順調に見える世界の工場・中国の製品供給にリスクが存在することは事実なのです。

居酒屋で「焼き鳥」が不足している Photo/gettyimages
 

「焼き鳥不足」と「東南アジア問題」

そして、三番目のリスクが東南アジアの工場の稼働です。

日本でも10月に入り、飲食店でのお酒の提供条件が緩和されたことで、居酒屋に顧客が戻り始めています。そこに今、実は焼き鳥不足問題が発生しています。

私たちが居酒屋で安く楽しんでいる焼き鳥は、その多くが東南アジアの食品工場で串に刺してタレを付け冷凍するところまでの加工を行い、それが日本に送られてきます。ところがそのような海外の工場が以前の生産能力では稼働できていないのです。

関連記事

おすすめの記事