2021.11.03
# エンタメ

“あの異例の宣言文”から7年…ついに交替した「少年サンデー」新編集長は何者か?

飯田 一史 プロフィール

「サンデー」のあたらしい新人育成のしくみとは?

――新人・新作強化策というのは、具体的には?

大嶋 細かくは色々な手を打ちますが、基本的には新人賞を充実させて、受賞して「サンデー」で新人活動をする作家さんには、うぇぶり含めてお客さんの目にとまる読切をどんどん発表してもらいます。春と秋には本誌に新人作家が登場する「SSGP(新世代サンデーグランプリ)」という読切連弾を開催し、反応が顕著に良かった作家さん・作品には連載にチャレンジしてもらいます。

平たく言うと新人作家さんの連載へのステップアップのルートをハッキリさせ、読者さんの声を拾っていくという、当たり前のことをやっていきます。

また、現状よりも「サンデー」本誌の誌面を厚くし、うぇぶりのリニューアルを含めて新人作品の露出の機会と効果を増やして認知されるように変えていきます。

 

――「サンデー」は週刊少年誌のなかではベテラン作家の割合が多く、新人からすると自分が入れる枠が少ないように見えているのではと思いますが、そこはいかがですか。

大嶋 新人作家さんにとって「サンデー」でのデビューがチャンスである、と感じてもらえるようにしていきたいですね。雑誌としては読者が求める作品が載っていることが第一義なので、新人もいて中堅もいてベテランもいて、のほうが健全だと思いますし、「少年マンガをずっと描き続けたい」とおっしゃる作家さんがベテランになっても描ける雑誌であることは、「サンデー」の他にはない魅力だとも思っています。

――どんな作品を求めていますか。

大嶋 ふたつありまして、ひとつは作家さんと編集者が「本当に面白い」と思っているもの。内心自信がなかったり、「最近流行ってるからこれどうでしょう」と自信なさげに出される作品は、結局読者さんにも見透かされてしまうかなと思います。ただ、面白いと強く信じて流行り物を送り出して下さるのはもちろん歓迎です。

もうひとつは、「キャラクターの強い作品」。ヒット作、話題作は各社ありますが、小学館は「マンガを売ること」に留まらない、社を挙げたビッグキャラクタービジネスの底力と経験があると思っています。ですから「次なるキャラクター」を作ることが編集部の使命であり、「このキャラを世に出したい!」という作家さんにぜひ来てもらいたいです。

ジャンルは狭めず、あらゆる作品を掲載していきたいです。スポーツ&ラブコメはもちろん、職業もの、ギャグ、かっこいいキャラが出てくるバトルものもやりたいですね。

関連記事