小栗旬主演『鎌倉殿の13人』…北条義時は「バトルロワイヤル」でこうして権力の座についた

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で注目の北条義時(ほうじょうよしとき)。

ドラマでは小栗旬が演じる北条義時に期待が高まるが、そもそも主題となった「13人の合議制」とは何なのか?

『鎌倉バトルロワイヤル 13人、生き残るのは誰だ?』の著者で、歴史小説を数多く手がける作家・楠木誠一郎氏が、鎌倉幕府誕生を背景に御家人たちが繰り広げた権力争いについて解説する。

【『鎌倉殿の13人』の登場人物(カッコ内は出演者)】北条義時(小栗旬)、北条時政(坂東彌十郎)、比企能員(佐藤二郎)、梶原景時(中村獅童)、安達盛長(野添義弘)、和田義盛(横田栄司)、三浦義澄(佐藤B作)、三善康信(小林隆)、大江広元(栗原英雄)、ほか ※出演者は記事公開時の情報をもとに表記
(絵:神宮寺一『鎌倉バトルロワイヤル 13人、生き残るのは誰だ?』より)

円卓会議の人々

映画やドラマを見ていると、会社や警察のお偉いさんたちが集まる円卓会議のシーンが登場してきます。

2022年1月からはじまるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の「鎌倉殿」というのは鎌倉幕府の将軍のこと。ですが「の13人」がくっつくと、「鎌倉幕府2代将軍の源頼家」のことを指すことになります。

 

また「13人」というのは、源頼朝が落馬がきっかけで急死したあと2代将軍となった頼家が暴走したため、合議制をはじめた有力な御家人たちの数をさしています。

円卓会議の中央にいる源頼家を13人が取り囲んでいる光景を思い描いてくださればOKです(じっさいに円卓で合議していたわけでないですけど)。

とはいえ、じっさいの『鎌倉殿の13人』では頼家の父親である頼朝の若いころから描くことになると思います。なぜなら頼家を助ける「13人」のなかには、頼朝が若いころから関わっていた人もいるからです。

勝ち馬に乗る

源頼朝は、父親の義朝とともに平清盛と戦って敗北。父は敗走途中に殺され、頼朝は敗走しているところを見つかって京都に連れもどされ、清盛の命令で伊豆国に流されました。

そのとき頼朝は数え14歳! もうすぐ満13歳のころ。いまの中学1年生くらいです。

以後、なんと20年間ものあいだ、平氏に味方する地元の武士に見張られて暮らしていたのです。

関連記事

おすすめの記事