2021.11.09
# 不倫

看護師との“不倫にハマった医者夫”…離婚を焦るがあまりに失った「大きすぎる代償」

澤藤 亮介 プロフィール

概ね受け入れた義男さん

徳子さんが希望する離婚条件は裁判所の一般的な基準からすれば、財産分与についても養育費についても相当程度高額と言えます。

しかし、やはり義男さんはかなり離婚を急かされていたのでしょうか、若干の減額希望はあったものの、徳子さんの提案内容を概ね受け入れるという結論になりました。

(1)自宅は、離婚後も義男さんが所有権を持ち続けることを認めつつ、住宅ローンや固定資産税などは全て義男さんが負担し続け、かつ、離婚後20年間の無償居住権を徳子さんに認める。

→そのまま受け入れる。

 

(2)自動車は、離婚後、義男さんが取得して構わないが、その余の資産は全て徳子さんが取得する。

→義男さん名義の預金300万円のうち、100万円は義男さんが取得。

(3)現在、医大に通学するご長女の学費も含め、養育費として月額60万円をご長女が医学部を卒業するまで義男さんが負担する。 

→月額55万で受諾。

関連記事

おすすめの記事