2021.12.01
# 離婚

「離婚」を迫られた32歳妻が起こした「大事件」…青ざめた「年収650万円夫」の意外すぎる決断

妻がなんと「リビング」で…

私は行政書士をしながら男女問題研究家として活動しており、これまで何千件という離婚などの男女トラブルの相談を受けてきています。

最近では離婚をしたいのにできない夫婦が増えています。前編記事『「離婚」を迫られた32歳妻が“涙のウソ演技”で、ダマされた「年収650万円夫」のヤバすぎる悲劇』では、酒癖が悪い妻に離婚を切り出した高木俊介さん(38歳、年収650万円、仮名)に対して、妻が涙で謝罪したところまんまとダマされて許してしまった様をレポートしました。それ以降、妻はどうせ夫は本気で離婚するつもりはないとタカをくくり、酒癖を一層悪化させていったという経緯まで紹介しました。

しかし、俊介さんの悲劇はまだまだこれからが本番だったのです――。

妻の涙は「ウソ」だった… photo/iStock
 

今年6月のこと、そんな俊介さん一家に衝撃的な事件が起きました。

妻が帰宅した際、なんとトイレと間違えたのか、リビングで小便をし始めたというのです。

俊介さんは急いで妻に小便をやめさせたのですが、すでに手遅れ。雑巾でふいた程度ではアンモニア臭は消えません。

リビングのカーペットをクリーニングに出したのですが、受付窓口で「妻がおもらしをしちゃって」と言うわけにいかず、「ももちゃん(飼い犬)がしちゃって……」と誤魔化すしかなく、俊介さんは恥ずかしい思いをしたそうです。

関連記事

おすすめの記事