2021.11.11
# 不倫

妻が「娘の同級生のパパ」と浮気三昧…! 38歳サラリーマン夫が青ざめた「逆ギレ」と「最悪の結末」

露木 幸彦 プロフィール

「妻には絶対に言わないでくれ」と

男性はマイホームを購入するにあたり、5,000万円ほどの住宅ローンを組んだのですが、返済方法はボーナス併用。これまで半年に1回、20万円を返済していたのですが、ボーナス停止以降は貯金を切り崩すことに。すでに貯金はどんどん目減りしており、マイホームを手放すかどうかを思案中に発生した修羅場だったみたいですが、啓介さんには関係のないことです。

啓介さんが心から望んでいるのはおカネではありません。「Xデー」の一部始終は啓介さんにとってトラウマになっており、少しでも油断すると「妻と男が体を重ねている姿」が脳裏をよぎるそうで、何度もフラッシュバックに悩まれてきました。啓介さんは戻れるものなら不倫発覚前の平和な日々……フラッシュバックとは無縁の日常に戻りたいという一心なのです。

傷はいえない photo/iStock
 

しかし、一度負った傷を克服するのは簡単ではなく、長い年月が必要です。男性から少々の慰謝料を受け取ったとしても突然、完治するわけではありません。それでも慰謝料の資金源が男性の貯金なら、今まで頑張って貯めたお金を減らすのだから、心中穏やかではないでしょう。減少した口座の残高によって罪の重さを実感するはずなので慰謝料は多ければ多いほど良い。

そのことを踏まえた上で啓介さんは厳しい一言を言い放ったのです。

「何の責任もとらず、帰れると思っているんですか。へらへらした顔で謝られても不快なだけですよ。払えないなら慰謝料もいりません。それなら、せめて妻と別れてください。そして妻には絶対に言わないこと。それが条件です」、と――。

SPONSORED