2021.10.30
# マネクリ

日本株「環境ブーム」のウラで「プロが大注目する“最強ESG銘柄”15」全実名

金融ショックにも強い…?

日本株「環境ブーム」は本物か…?

我々は、昨年の夏に「ESG投資(*)でマーケットに勝てるのか?」というレポートを出状した。

当時から話題になりつつあったこのテーマだが、その後一層注目度は高まり、これに伴い、ESG関連インデックスの総合指数に対する相対パフォーマンスは世界的に向上している(図表1)。

(*)(ESG=環境Environment、社会Society、企業統治Governanceへの取り組みが優れている企業への投資)

特に日本では、足元で環境関連インデックスのTOPIXに対する上昇が加速している。一方で、こうした環境に関するテーマは、一時的なブームに過ぎないという冷めた見方もある。ここからのESG投資はどう考えるべきか?

図表1:ESGインデックス:総合インデックス対比のリターン
 

この1年、ESG、なかでも環境問題への取り組みは、政府、企業、投資家の三位一体で急激に進んだ。

菅政権が2050年のカーボンニュートラルを宣言した一方、日銀もこれを後押しする政策として、12月から気候変動オペレーション(グリーンオペ、民間銀行の気候変動対応融資への資金供給)を行う予定だ。

また、来春創設される東証のプライム市場を目指す企業には、新たな開示ルールが課される。TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の取り決めに基づき、環境関連対策の詳細な開示が必要になる。

SPONSORED