Google「Pixel 6」レビュー!9つの長所と1つの欠点

AIが生み出す驚きの写真テクが面白い

Google初の「自社設計プロセッサー」搭載スマホ

Googleの最新フラッグシップスマートフォン、「Pixel 6」シリーズの実機レビューをお届けする。

この連載の前回の記事〈「M1 Pro/Max」と「Pixel 6」に共通する戦略とは?(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/88414)〉で解説したように、Pixel 6シリーズは、Googleとしては初めて「自社設計によるプロセッサー=Google Tensor」を搭載したスマホだ。その狙いは、「AIとセキュリティの強化」にある。

それがどういう意味をもっているのか、実機の機能で確認してみよう。

従来のラインナップとの違い

Pixel 6は、画面サイズとカメラ機能の違いにより「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」に分かれている。

Proとスタンダード……的なラインナップに対しては、これまでの慣習から「本体の大きさが違う」というイメージを抱きがちだ。実際、従来のPixelでは、スタンダードラインとサイズの大きな「XL」、というラインナップが多かった。

だが、Pixel 6とPixel 6 Proは、サイズ的にはそこまで違いはない。6が6.4インチ、6 Proが6.7インチと、Proのほうが大きいが、そこまで目立つ差ではない。実際、Pixel 6シリーズはどちらも相当に大柄だ。大柄なスマホの代表格ともいえる「iPhone 13 Pro Max」と並べてみると、どちらも似たようなサイズ感であることがわかる。

【写真】Pixel 6、Pixel 6 Proの外観とiPhoneとの比較写真上・中:いずれも左がPixel 6で、右がPixel 6 Pro。サイズは少しだけProのほうが大きい 写真下左:iPhone 13 Pro MaxとPixel 6 Pro。少しだけPixelのほうが大きい 写真下右:iPhone 13 Pro MaxとPixel 6。こちらはほぼ同サイズ

Pixel 6は、スタンダード/Proともに3色ずつが用意されている。今回試用したのは、6 Proがクリーム色に近い「Sorta Sunny」で、6が「Stormy Black」だ。

価格差は4万円

Pixel 6シリーズは、Androidの最新バージョンである「Android 12」を搭載して出荷される。

Android 12の特徴の1つが、「Material You」という新しいデザインスキームだ。ユーザーインターフェースのデザインやアニメーションが一新され、非常に見やすくなった。

デザインモチーフを維持したまま、統一性のある形で色の変更もしやすくなり、簡単に個性を出せる。だから、「You」と名前がついているわけだ。Pixel 6のカラーもMaterial Youのデザインスキームを意識しており、出荷時より、デバイスの色に合わせた設定になっている。

【写真】ndroid 12「Material You」Android 12の新しいユーザーインターフェースである「Material You」。デザインのまとまりが良くなり、アニメーションなどもなめらかだ

詳しくは後述するが、今回の目玉であるプロセッサーについては、Pixel 6とPixel 6 Proのあいだに顕著な差は見受けられない。価格については、6 Proが11万6600円から、6は7万4800円から(ともにGoogleからの直販価格)と、約4万円の開きがある。

両者の違いはどこにあるのか。

関連記事