『PRODUCE』シリーズなどの人気オーディション番組を手掛けてきたCJ ENMによるグローバルガールズグループオーディション番組『Girls Planet 999 : 少女祭典(以下、ガルプラ)』(全12話)が10月22日にABEMAで日韓中同時生放送で最終回を迎え、新グループ「Kep1er(ケプラー)」としてデビューする9人が決定した。

日本・韓国・中国から各国33人、計99人の少女たちがデビューをかけてしのぎを削った同番組。最終ステージに進んだのは18人で、その中から世界中の視聴者の投票によりデビューメンバー9人が選出された。

18日にYouTubeの番組内で発表された最終投票の中間発表では、TOP9に日本人参加者が一人もいないことに視聴者のあいだで衝撃が走ったが(その前の投票ではTOP9に日本人参加者が4人いた)、結果的に日本人では江崎ひかると坂本舞白の2人がデビューメンバー入りすることとなった。

グループ名の「Kep1er」は“自分たちの夢をつかんだ”という意味を込めた「Kep」と、1つになって最高になるという「1」を合わせた造語だという。それでは、自分の夢をつかんだ9人を紹介する。

-AD-

1位 キム・チェヒョン(韓国)

1位 キム・チェヒョン(韓国)

・生年月日:2002年4月26日(19歳)
・身長:160センチ
・キャッチフレーズ:うさぎのような見た目、虎のようなカリスマ、キム・チェヒョンです。

韓国で人気の「うさぎ顔」で、透き通るような美しいボーカルが魅力。韓国語がわからない日本人参加者が不安になっているのを察して、自ら声をかけてサポートする思いやりある一面も。

チェヒョンの高音の美しさが際立っていたのが、IUの『My Sea』のカバーステージ。お時間のない方は1:20あたりからご覧ください。

2位 ヒュニン・バヒエ(韓国)

2位 ヒュニン・バヒエ(韓国)

・生年月日:2004年7月27日(17歳)
・身長:166センチ
・キャッチフレーズ:自信満々! 威風堂々なヒトカゲ!

TOMORROW X TOGETHERのヒュニンカイの妹で、ミッションのパフォーマンス動画のチッケム(個人にフォーカスしたYouTube動画)の再生回数が常に高かった。これまでグローバル投票でTOP9に入ったことはなかったが、最後に115カ国で1位を獲得する驚異の追い上げを見せた。

3位 チェ・ユジン(韓国)

3位 チェ・ユジン(韓国)

・生年月日:1996年8月12日(25歳)
・身長:163センチ
・キャッチフレーズ:出口のないギャップが魅力のレモンより爽やかな愛嬌職人

ガールズグループ「CLC」のメンバーだが、もう新曲は出さないと事務所に言われたことで、参加を決意。ボーカルもダンスもこなすオールラウンダーで、経験とたしかな実力、そして明るく穏やかな性格で参加者たちのよきお姉さん的存在。ユジンもまた韓国で人気のうさぎ顔として知られている。

第1話でヒョナの『Bubble Pop』をカバー。美しいラインとキレのあるダンスを披露し実力を証明した。