【アメブロブロガー・オギャ子の「捨てる育児」#29】

3人兄弟の母でブロガーのオギャ子さん(ブログはこちら)が子育てをする中で、「これは引き算できる!」or「いや、これは流石にできない……」と学んだことについて、自身の経験談から書き下ろしの漫画と写真とともに教えていただく本連載『捨てる育児』、第29回目のテーマは「子供の人間関係の悩み」について​。

小学校中学年あたりに差し掛かると、学校などでの人間関係に悩んだりすることが続々と増えてきたりしませんか? 子供にとって、クラス単位、班、ペアで活動することも多い学校生活での人間関係の悩みはなかなか深刻なもの。

そういった悩みを子供から打ち明けられた時、どのように支えるのがいいのでしょうか? オギャ子さんが実際にこういった場面に遭遇した際に伝えたこと、また子供を支える上で大切だと感じたことについて綴っていただきました。

オギャ子さんのインスタグラム「オギャスタグラム」でもまだ出していない、未公開エピソードをご覧ください。

オギャ子(おぎゃこ)
1982年、大阪生まれ。アメブロブロガー。マイペースなちゅんたん(長男)、心優しく激しさも持つゆいたん(次男)、甘え上手なほーちゃん(三男)という三兄弟の母。夫は輪郭が四角いことから「四角」と呼ばれている(オギャ子さん命名)。転勤族だったが、最近ついに一軒家を購入。四角さんも転職し、いまは家族みんなで大阪住まい。

イラスト・文/オギャ子

子供の悩みに対して、大人ができることって?

\右にスクロールしてお読みください!/