よしながふみさんの漫画『きのう何食べた?』は、2007年12月から「モーニング」で連載が始まり、電子版を含めて累計840万部を超えるベストセラーとなっている。11月12日には19巻が発売となる予定だ。2019年にドラマ化、2020年にはお正月スペシャルドラマとなった本作の劇場版が2021年11月3日に公開する。

劇場版公開を記念して、改めて作品の魅力を振り返るとともに、1ヵ月限定1巻まるごと無料試し読みをお届けする(試し読みリンクはこのページの最後と最終ページにあります)

(c)2021 劇場版「きのう何食べた?」製作委員会 (c)よしながふみ/講談社

漫画/よしながふみ 文/FRaUweb

-AD-

840万部のベストセラーの魅力とは

何かおいしいものを食べたとき、だれの顔が浮かぶだろう。
「これ食べさせてあげたい!」
「わ、絶対あの人このラーメン好きだ!」
「一緒に食べたら楽しいだろうなあ」

美味しい「食べる」は人の体の栄養にもなるし、何より舌が喜ぶ。だからこそ、好きな人にもその幸せを味わわせてあげたいと思うし、一緒に幸せを感じたいと思う。
その「相手」は、恋人かもしれないし、友達かもしれないし、家族かもしれない。そして恋人は同性かもしれない。「食べる」って、日々の幸せを生み出すものなんだと改めて伝えてくれるのがよしながふみさんによる漫画『きのう何食べた?』だ。

2021年11月12日には最新刊19巻が発売

主人公はシロさんこと町の小さな法律事務所につとめる弁護士の筧史朗と、ケンジこと美容師の矢吹賢二の同性カップルだ。シロさんは倹約家で、将来のことを見据えて堅実に暮らし、スーパーでの特売品を駆使して美味しくご飯を作ることに生きがいを感じている。職場ではゲイであることはひた隠しにしており、同性愛者であることを知ってショックを受けている母親の対応に苦慮中だ。ケンジはゲイであることをカミングアウトしている美容師で、ピュアな心の持ち主。そのふたりがパートナーとして生きる上で、時には誤解があったりぶつかったりもしながら、美味しいご飯を中心に生活していく物語である。

「きのう何食べた?」1巻より(c)よしながふみ/講談社

そして2019年の連続ドラマ、2020年のお正月スペシャルドラマに続き、2021年に劇場版が公開されることになった。

原作そのままの神キャスティング

本作がドラマ化されたのは2019年4月。毎週金曜日24時12分~24時52分という深夜枠だったにもかかわらず、見逃し配信の再生数が全12話100万回再生を超えるなど、様々な歴代最高記録を塗り替えた。

そこまで人気が出た理由の一つは、原作から抜け出てきたかのような神キャスティングにもある。素敵に年を重ね、穏やかで真面目なシロさんはそのまま西島秀俊さんのイメージだし、内野聖陽さんは坂本龍馬もぴったりなのに、なぜケンジだとこんなに違うのと不思議なくらいめちゃくちゃ可愛い。小日向大策の山本耕史さんはさらにマッチョになって完全小日向さんだし、ジルベールこと井上航の磯村勇斗さんは繊細で不安定で美しくて、でも無精ひげもあったりして、黒髪ながら『風と木の詩』のジルベールと命名された航が抜け出た感じだ。ほかにもシロさんの母を演じる梶芽衣子さん、シロさんが心を許している倹約料理仲間の佳代子さんの田中美佐子さん、そしてシロさんやケンジの職場のひとりひとりが、原作から抜け出て命を得ているとしか思えない。

(c)2021 劇場版「きのう何食べた?」製作委員会 (c)よしながふみ/講談社

原作の魅力を細やかに組み立て、見事に映像のエンターテインメントに仕上げた脚本や演出も素晴らしい。料理シーンがおいしそうで、そのまま作りたくなることはもちろん、原作でよしながふみさんが手書きで入れている心の声を見事に拾うように、心の機微を浮かび上がらせるのだ。

原作へのリスペクトをもって、全力で映像だからこその面白いエンターテインメントにする。そうやって生まれた映像作品は、原作を読んでから観ても映像を見てから原作を読んでもハッピーになる。そして、どちらも最高に楽しい。『きのう何食べた』はまさにそういう作品だ。劇場版『きのう何食べた?』は、それまでのドラマを見ていなくても十分面白い作品だが、ドラマすべてを見返す時間のない方は、ぜひとも1巻を読んでから劇場に足を運ぶことをお勧めする。

よしながふみさんとモーニング編集部のご厚意で、1か月限定の1巻まるごと試し読みができることに!(2021年11月3日~2021年12月2日23時59分まで) 

『きのう何食べた?』1巻まるごと無料で読む