2021.10.27
# メルカリ # ライフ

メルカリで「出品しないほうがいいもの」4選…収支マイナスになるかもしれない「条件」

川崎 さちえ プロフィール

さらに、このような紙袋は折りたたんで発送するのが難しいです。買う側はきれいな状態を求めているからです。そうなると気になるのが送料。そのままの状態では縦と横の合計の長さだけで100cmを超えてしまうこともあり、そうすると送料が高くなります。場合によっては販売価格よりも高くなるので、その点も出品をおすすめできないポイントです。

このようなショップの袋は、売るのではなく自分の梱包材として使うのも良いのではないかと筆者は考えています。梱包材もお金を出して買う時代になってきているので、少しでもコストを削減するためにもブランドやショップに関係なく紙袋を使っていくことになるのかもしれません。

それにブランドの紙袋は紙質がよく、厚手で丈夫なのです。水に濡れても平気なように加工してあったりもするので、梱包材として使い勝手は良いのでは?

 

100均のアイテムは「まとめ売り」が正解

今は100円ショップのアイテムがとても充実していますし、すごく便利なものもたくさん販売されています。そのため100円ショップで買えるのでは?と思えるような商品は、他のユーザから敬遠されがちです。結局近くの100円ショップで買えるならば、最低価格が300円のメルカリよりも安いからです。

以前は、例えば便利なキッチンアイテムとなるとホームセンターなどで売っていて、値段も比較的高かったのですが……。まずは100円ショップに行ってみようと考える人も多くいると思うので、出品が難しいかなと感じます。

もし売るとなったら、まとめ売りでしょうか。数を集めることで価値を出すやり方です。とはいえ、単価は100円以下になるので、もしキッチンの消耗品など自分で使えるならば、その方が良いのではないかというのが正直なところです。

SPONSORED