Photo by iStock
# ライフ # メルカリ

メルカリで「出品しないほうがいいもの」4選…収支マイナスになるかもしれない「条件」

メルカリにはたくさんの商品が出品されているため、「自分も売ってみよう!」と思えてきます。出品禁止物以外であれば基本的には出品が可能ですし、出品するかしないかを決めるのは出品者の自由。ただし闇雲に出品していたとしても、なかなか売れなかったり、売れた後が大変……なんてことも少なくありません。

筆者自身はヤフオクを17年以上、そしてメルカリを7年以上活用していて、これまでいろいろなものを出品してきました。その中には「あ〜、失敗したな」という苦い経験もあります。

これまでを振り返ってみて、これはあまり出品がオススメできないかなと思うようなものを4つ紹介しつつ、どうしても出品する場合に注意しておきたいことや代替案などを解説していきます。

Photo by iStock
 

送料が高すぎる

室内で運動しようと思ってフラフープを買ったのですが、結局使わなくなりメルカリに出品したことがありました。ホームセンターで売っているようなフラフープだったので、値段はそれほど高くありません。

販売価格も、おそらく1000円前後だったと記憶しています。出品したのは良いのですが、実はこのフラフープ、すぐに出品を取り消しました。というのも、よくよく考えてみると送料がすごく高いのです。

このフラフープは組み立て式ではなく丸い形のまま。発送するとなると、らくらくメルカリ便の宅急便最大サイズ160サイズギリギリになる可能性がありました。

となると送料は1600円。販売価格よりも送料が高くなってしまうことが判明したのです。これに関しては、本当にうっかりしていたと猛反省です。梱包した後、発送するときのことも考えないといけません。

関連記事

おすすめの記事