藤田さんが中学受験をおすすめする理由

「うちの場合ですが、私が長男の中学受験を決めたのは幼稚園年長の頃でした。とはいっても、幼稚園の頃はお勉強の無い幼稚園を選び、とにかくよく遊び体を動かすことを重視。そして息子たちには『お医者さんってカッコイイね~』などと、母の…心の声を…耳元でささやいてました(笑)」

とてもお茶目に、息子さん達のエピソードをお話してくださる中でも印象的だったのは、息子さん達がやりたいと希望したことを、その都度、親として本気で耳を傾け、共感し、味方になり、叶えられるよう、常に藤田さんご自身が全力で努力されてきたという事実だ。

-AD-

「息子たちが受験したのは中高一貫校。中学受験で中高一貫校には入れば、10代で一番大切な中高の時期を“6年間”という感覚でとらえられます。まず、高校受験が無いので部活動等、打ち込みたいことに没頭させてあげられるし、中学生の時から憧れの高校生を目の前にして生活できるから“高校に行ったらあれがしたい!”など、具体的な目標もつかみやすいんです。息子たちも、良い刺激を受けていました。そのおかげで息子たちは中高で、運動部、文化祭リーダーや体育祭応援団長などを体験し、学校生活を謳歌していたと思います。

私はどれも全力で応援していました。特に印象深いのは息子が高3の春。6人の仲間で科学の甲子園の京都予選で優勝し、高校3年の春休みにつくばで3日間にわたる決勝戦にでたいと息子が言ったのです。塾の先生に『大学受験で今が一番大切な時期、それは辞退するべきです』と言われましたが、受験前だとしても、息子の青春の一大事。そんなん……協力してあげるに決まってるやん!って(笑)。

まずは塾の先生に『家の方針なので出場させます』とお伝えして、塾の春期講習よりも科学の甲子園で上位を狙えるように全面協力体制で、過去問題などを私が全てプリントアウト……他の子の分も準備して『がんばりや~』って送り出したんです(泊りがけでこっそり見に行きましたが(笑)。

息子はチームリーダーとして決勝戦に挑み、結果1100校中8位見事入賞! やり切った! って満足して。その後は……驚くほど受験勉強に全力投球でした。やっぱり、子どもたちが本気でやりたいと思うことは親としても本気で応援してあげたい。ただそれだけなんですけど、これが子ども自身の達成感につながり、結果として学校生活も勉強も、どちらも全力投球できた、というわけです」

藤田さんの子育てエピソードは愛に溢れたものばかり。ぺたほめの根底にある「親が子どもを褒めて応援する」という行為は、受験成功の秘訣であるばかりでなく、「家族みんなが幸せになれる」子育て術だと言えるように思う。

藤田さんの受験成功に導く子育て術、幼少期~大学受験までの育て方と
受験対策などなど、詳細は新刊

母親が変わればうまくいく 第一志望校に合格させた母親がやっている子育て39でチェック↓

『母親が変わればうまくいく 第一志望校に合格させた母親がやっている子育て39』藤田敦子/講談社
藤田敦子(ふじた・あつこ)
ぺたほめ医専アカデミー代表。日本心理学会認定心理士・日本心理学会正会員。同志社大学文学部心理学専攻卒業。「ぺたほめ子育て術」で息子二人を国公立医大医学部現役合格に導いたシングルマザー。2018 年「ぺたほめ医専アカデミー」設立。3 歳~小学 3 年生の保護者を対象とした「ぺたほめ本気塾」開講の他、0~18 歳の保護者対象のパーソナルサポート、セミナー等を開催。2021 年から藤田敦子ぺたほめオンラインサロン、現役医師との医学部合格オンラインサロン開設。2019 年『親もビックリ魔法の子育て術!「ぺたほめ」』(マガジンランド)刊行。2020 年より学習雑誌『小学一年生』(小学館)、2021 年よりWeb 版『Hugkum』(小学館)連載中。10月22日には『母親が変わればうまくいく 第一志望校に合格させた母親がやっている子育て39』(講談社)が発売されたばかり。
●藤田敦子オフィシャルブログ https://ameblo.jp/petahome/
●インスタグラム:@atsuko.fujita0912

取材・文/細川麻衣子