2021.10.28
# 選挙

岸田も枝野もなぜか言わない…日本経済が「大復活」するためのたったひとつの方法

ばらまき総選挙では「救い」はない
中原 圭介 プロフィール

3つの分野の専門家になれる

テクノロジーの進化によって、人生でいくつもの異なるジャンルの仕事をして、年をとっても稼ぎに困らない世界が訪れようとしています。数年後、私たちは今よりも個人の趣向に合わせて多彩な分野のスキルを学ぶ機会に恵まれているはずです。

だからこそ、現時点で有するスキルとは別に、その周辺の新しいスキルを会得することが大切になるのです。

スキルがあれば、仕事に困らない。Photo/gettyimages
 

たとえば、1つのスキルで専門家の領域に3年で到達できれば、9年かければ3つの分野の専門家になることができます。その結果として、私たちは元々持っているスキルを中心に、関連が深い専門性を高めることができるばかりか、かつてより多角的な視点を持った専門家になることができるでしょう。

無論、これまでのキャリアやスキルを捨て去って、心機一転、まったく別の分野の専門家になることもできます。その場合にはできる限り、自分が好きなことや関心がある分野を選ぶようにするのが良いでしょう。

関連記事

おすすめの記事