Photo by iStock

37歳主婦が絶句…13年間貯めた「家の頭金」1560万を“まさか”の義母が使い込んでいた…!

「いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を」をコンセプトに、子育て情報からママ友、旦那、義母の話、教育コラム、行政の育児支援などを日々配信している「ママスタセレクト」(https://select.mamastar.jp/

全国のママが集まる掲示板「ママスタコミュニティ」に寄せられた実際の投稿などを元に不安なとき・笑いたいとき・泣きたいとき・息抜きしたいときなど、ママの日常に寄り添った記事をお届けしています。

(※本記事はママスタセレクトのオリジナルコンテンツ・漫画【月10万で狂った義実家!物語】を一部再構成の上、記事化してお届けしています。)

これまでのあらすじ

主人公のサヤカさん(24)と旦那のトシヤさん(26)は、半ば強制的に夫婦の貯金を義母が管理する生活を13年も続けていました。毎月10万円を送金し、計算では1560万円が貯まっている計画になります。

夫婦はこの貯金を頭金にしてマイホームを建てることを決意。義母に「通帳を返してほしい」と伝えると、急に逆切れしたり、「同居」の話にすり替えたりとなかなか通帳を返してくれません。そんな矢先、突如家にやってきた義父の口から飛び出したのは「義母が自分の退職金を使い込んでいるようだ」という衝撃の事実。もしかして自分たちの貯金も…サヤカさんの中で信じたくない最悪の結末が現実のものになろうとしていました。

(※本記事はママスタセレクトで紹介された漫画【月10万で狂った義実家!物語】を一部再構成の上、記事化してお届けしています。)

 

怪しい電話

私、サヤカと旦那のトシヤ、そして義父の3人の中で、義母への疑いは確信へと変わっていました。しかし正面から義母を問いただすべきなのか、その答えが出ないまま、この日は夜が遅かったこともあり、義父は自宅へと帰っていきました。

ママスタセレクト・オリジナルコンテンツ【月10万で狂った義実家!物語】より
拡大画像表示

そして帰宅後すぐに義母が誰かとヒソヒソ声で電話している声を聞いたそうです。

マンガ【月10万で狂った義実家!物語】を最初から読む
(※本漫画はママスタセレクトのオリジナルコンテンツです)

関連記事

おすすめの記事