最高の持ち声+テクニックで常に安定のJUNG KOOK

「人には生まれ持った声があります。私の業界では、“持ち声”と呼びます。JUNG KOOKさんは、持ち声がとてもピュアでクセがないタイプです。クセがないのは悪い意味ではなく、BTSが世代や性別関係なく愛される理由のひとつに、彼のこの持ち声も大きな役割を担っているのでは、と思っています。しかも、持ち声が良いだけでなく、きちんとテクニックを使って歌っているのが、JUNG KOOKさんがボーカリストとしてとても素晴らしいと思う点です。

2021年3月のGRAMMYでのJUNG KOOK。photo/Getty Images

周囲の人やテレビで、喉を絞り上げるような怒鳴り声やがなり声を聞いていて自分の喉まで痛くなった経験はありませんか?  喉は聞いている声と一緒に動く、と言われています。私は職業柄その傾向が強く、無理な発声で歌っている声を聴いた後は喉が疲れてしまうのですが、JUNG KOOKさんの声にはそういった無理やり感がまったくない。彼は難しい高音域でさえも、無理な発声で歌うのをデビュー当時から聴いたことがありません。常に安定した技術で歌える。これだけの素質を20代前半にして身に着け、世に知らしめている点は本当にすごいと思います。しかもそのテクニックは日々進化し続けています」(アコさん)

楽曲『ON』でのJUNG KOOKの最高音はF5の“ヘッドボイス:頭に響かせる強い裏声”になるが、出すぞー!と気合を入れた無理やりな発声ではなく、激しいダンスをした後でも軽々と安定して発声している。

JUNG KOOKさんの高音域には色彩があります。とても優しくて柔らかい、また消えてしまいそうな切ない“ファルセット:息混じりの柔らかい裏声”のときもあれば、噛み付くように鋭いヘッドボイスのときもある。ヘッドボイスは地声との境目が分からないくらい力強い。それに、JUNG KOOKさんはリードボーカルだけでなく、コーラス職人としても素晴らしいのです。ハモリのメロディーを即座に考えすぐにハモれる能力も見逃せません」(アコさん)

-AD-

「唯一無二の高音域の彩り」が魅力のJIMIN

「声変わりする前の少年の声の中に大人の声が見え隠れするような、とても不思議な唯一無二の美声の持ち主です。女声のようでもあり少年の声でもあり大人の男声でもある。こんなに珍しく魅力的な声の持ち主はかなり稀有な存在だと思います。

私が思うJIMINさんの声の魅力のひとつが、“エッジボイス:声帯が閉じた状態で出る声”にあると思っています。ブリトニー・スピアーズさんのフレーズの歌い出しを思い出してくださるとピンとくる方もいらっしゃると思います。

2021年3月GRAMMYでのJIMIN。photo/Getty Images

JIMINさんは特に歌い出しにこのエッジボイスを使うことが多いです。ちなみにこのエッジボイスは、声帯を閉める感覚を掴むために声楽家の私たちも行う練習方法のひとつでもあるんですよ。エッジボイス以外ではJIMINさんの“うなり”も見逃せません。女性的な声だと思っていたら急に男気を見せるこの歌い方にドキッとする人も多いのでは。

そして、何よりもJIMINさんは、高音が驚異的! 地声がもともと高く、音域も成人男性にしては高めなので、例えば『Let Me Know』という曲では、A5まで届いています! これは『ON』ときのJUNG KOOKさんのF5より3音も上の音、超高音です。彼のファルセット、ヘッドボイスは世界的に見ても、彼にしか出せないような特別な音色を持っていると思います。地声と裏声の継ぎ目が分からないほどの滑らかさは熱心な練習の賜物でしょう。本当に素晴らしいですよね」(アコさん)