食を取り巻く状況は日々目まぐるしく変わっています。深刻化している貧困問題や、社会全体での取り組みが叫ばれている食品ロス問題。漁業も、農業も、今大きな転換期にあります。未来の食を考えるには、現状を知ることが大切。今知っておきたい食の課題と、解決に向けた取り組みを学びましょう。

今回は、「フードバンク」のパイオニアであるマクジルトン・チャールズさんにお話を伺いました。食べることが誰もに保障されている。それが真に豊かな社会となる。貧困を防ぎ、コミュニティを育むために、食を届ける現場をレポートします。

-AD-

捨てずに、渡す。ただそれだけ。
対等な関係で食を届ける。

余剰食品の引き取りや配送をするのもボランティア。

火曜の正午。浅草橋のとあるビルの前に小さなワゴン車が到着した。荷台にはベーグルや菓子パンがぎっしり。すべて、都内の大手スーパーで廃棄予定だったものだという。

廃棄予定だった食品。セカンドハーベスト・ジャパンでは年間250万食に相当する食品をレスキューしている。

もちろん賞味期限は切れていない。まだ食べられるのに捨てられる食べもの。これらを、さまざまな理由で生活に困窮する人々に無償で届けているのが、日本初のフードバンク団体〈セカンドハーベスト・ジャパン〉だ。

セカンドハーベスト・ジャパンの浅草橋パントリー(食料配布場所)。中央がマクジルトン・チャールズさん。

代表は元米兵のマクジルトン・チャールズさん。アメリカで生まれたフードバンクというシステムを日本に広めた人物で、東日本大震災ではいち早く現地入りし、被災者に食品を届けたことがニュースに。“すべての人に食べ物を”をモットーに、2002年から活動を続けてきた。

ボランティアが届いた食品を整理する。

「誰もがいつでも、安心して生活できるための十分な食べものを入手できる。それが社会の基盤であり、何より大切だと考えています。支援が自立の妨げになると叫ぶ人もいるけれど、お腹が空いている状態では気力も湧かない。まともな精神状態も保てない。食べるということは、そのくらい生きる基本なんです。それこそ病院や交番のように、街のあちこちにフードパントリー(食料配布場所)があるべき。日本には、そうした食のセーフティネットの意識が欠けていると思っています」

食品ロスの問題にも貢献。