2021.12.24

文在寅の“大誤算”…韓国弾道ミサイル「SLBM」、じつは「致命的すぎる欠陥」があった!

文在寅が自画自賛した「SLBM発射」の真相

韓国海軍は2021年9月15日、忠清南道泰安沖でSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル・Submarine-launched ballistic missile)を発射した。

ミサイルは400キロメートル離れた済州島近海に着水した。韓国政府は「世界で7番目にSLBM発射に成功した国家となった」と発表した。

米国·ロシア·中国·英国·フランス·インドに続いて成功したことを強調し、北朝鮮の2016年のSLBM発射を成功と認めない形になった。

SLBM開発は「地上発射→水中発射→潜水艦発射」の段階を経る。2015年に北朝鮮が2段階に当たる「水中発射」に成功したと発表し、刺激された韓国がSLBM開発に着手したという経緯がある。

文在寅は自画自賛するが… photo/gettyimages
 

文在寅大統領が、最後段階である潜水艦からの発射を直接見たことから推測すると、韓国海軍は事前に数回、秘密裏に潜水船発射を行って成功を確認してから今回の発射イベントを進行したと考えられる。

韓国メディアはSLBMの発射を一斉に報道し、民族主義に満たされた韓国国民を鼓舞した。

SPONSORED