なりたい自分になれなかったとき、私たちはどうすればいいのか。10月22日公開『ビルド・ア・ガール』は、自分の夢が悪夢になってしまったときに、どうやって自分を“再構築”すればいいのかを教えてくれる。

世界的ベストセラーになった『女になる方法』(2011年)で有名なキャトリン・モラン氏の半自伝的小説『How To Build a Girl(未邦訳)』(2014年)を映画化した本作は、イギリスの労働者階級のティーンエイジャーがロンドンの音楽雑誌の毒舌評論家として道を切り拓いていく物語だ。

舞台は1993年、オアシスやブラーなどが牽引した「ブリット・ポップ」ムーブメント直前のUKインディーズロックシーン。劇中にもハッピー・マンデーズ、マニック・ストリート・プリーチャーズやプライマル・スクリームなどのUKバンドだけではなく、90年代の音楽、政治とフェミニズムを取り入れた「ライオネット・ガール」ムーブメントの中心的な存在であったアメリカのビキニ・キルの曲も登場する。

キャトリン・モラン氏は1993年に歴代最年少の16歳で人気音楽雑誌『メロディ・メイカー』のライターとして活躍し、その後、TV司会者やコメンテーターになるほどUKのミュージックシーンで名を馳せた人物だ。現在はフェミニスト作家・論客として、“Twitter上で最も影響力のあるイギリス人ジャーナリスト”と呼ばれているほどのインフルエンサーでもある。

キャトリン・モラン氏

映画も原作も登場人物やストーリーにフィクションの部分があるが、大筋のところでは彼女の実体験をもとにしたものだという。経験もコネもない16歳の女の子がいかにして男社会の当時の音楽業界で大成できたのか。今回、映画の脚本にも初挑戦したキャトリン・モラン氏に、彼女が自らの価値観、そしてキャリアをビルド(構築)した方法について聞いた。