ギャラリーにあるのは
“障がい者が描いたアート”ではなく、
「障がいは欠落ではない」という“思想”

いくつもの円をボールペンで描いたサークル状の模様に、数字をつなげた幾何学的な柄……。障がいのあるアーティストが手がけた作品は独特な形状や色彩で、見る人を圧倒する。岩手県出身の双子の兄弟、松田崇弥さん・文登さんが代表を務めるヘラルボニーは“福祉実験ユニット”と名乗り、ライセンス契約を結んだアーティストの作品をさまざまなモノ・コト・場所に落とし込む事業を展開している。

アートライフブランド〈HERALBONY〉のプロダクトは、ハンカチやスカーフ、ネクタイ、傘、財布など多岐にわたる。今年4月には岩手県盛岡市に、本社の機能を兼ねた〈HERALB ONY GALLERY〉がオープンした。ここで迎えてくれたのは、兄で副社長の松田文登さんだ。

「今はまだ『障がいのある人が描いたアート』とひとくくりにされていますが、『小林覚さんの作品がほしい』『佐々木早苗さんの作品が好き』というように、作家さんの名前が先に出るようになっていってほしい。だから、この場所では“個人”にフォーカスした企画展示を周期開催し、アートの発信基地にしていきたいんです。私たちが販売するのは“障がい者が描いたアート”ではなく、『障がいは欠落ではない』という“思想”です」

実はヘラルボニーが誕生した背景には、双子にとってのお兄さんの存在があった。

「4歳上の兄には知的障がいを伴う先天性の自閉症があり、小さいころから『かわいそう』という目を向けられてきました。僕らはそのことにすごく違和感を抱いていたんです。兄はアートを描けないのですが、こうした作品を通じて、障がいのイメージを徐々に変えていけたら、最終的には兄にもつながっていくはずです」

2020年には建設現場などで使用される「仮囲い」にヘラルボニーのアート作品を展覧する『全日本仮囲いアートミュージアム』をスタート。また展示作品をアップサイクルし、トートバッグとして販売するプロジェクト『アップサイクルアートミュージアム』も開始するなど、新たなことに挑戦し続けている。

-AD-

通常、大型の掲示物は展示後に破棄されるが、このプロジェクトでは再利用可能な防水布を使用することで、裁断しアップサイクルできるという。作品提供料や売り上げの報酬は福祉施設及び障がいのあるアーティストに還元される。

「障がいのある人がつくった作品を販売しようとするときに、“支援”や“福祉”といった文脈に結び付けられてしまうことが多いんです。ビジネスとして対等な取引をすることで、正当に評価されるような社会にしていけたら。作家さんたちの強烈な個性を“異彩”として世に放つことで、“障がい”のイメージを変えていきたい」

田文登(まつだ・ふみと)
ヘラルボニー代表取締役副社長。大手ゼネコンで被災地再建に従事したのち独立し、知的障がいのあるアーティストが日本の職人とともにプロダクトを生み出すブランド〈MUKU〉を立ち上げる。2018年、双子の弟・崇弥と株式会社ヘラルボニーを設立。