妊娠・出産にかかる費用や幼稚園や保育園の費用の授業料、小学校以降の教育費など、子育てには膨大なお金がかかるというイメージを持っている人は少なくないのではないでしょうか。

今回は、そんな「子育てのお金」について、「どのタイミング」で「どれだけ」のお金がかかるのかを具体的に解説。また、子育て家庭が活用したい制度についても紹介します!

-AD-

お金がないと出産できない!?

Photo by iStock

子育てのお金のうち、最初にかかるまとまったお金と言えるのが「出産費用」です。出産費用とは多くの場合、出産時の入院費用と分娩にかかる費用を指します。しかし実際には、妊娠中の妊婦健診やマタニティグッズ、赤ちゃんの産着などこまごまと出費が増えることになります。

とはいえ、妊婦健診の費用については自治体の補助があります。自治体によっても異なるものの、多くの場合、14回以上の検診費用を助成してもらうことができます。妊娠が発覚したら、まずは自分が住んでいる自治体にどのような補助が受けられるのか、手続きはどうすればよいのかなどを確認しましょう。

出産費用は「産み方」によってかなりの差が!

出産時の入院費用と分娩にかかる費用は、どこで産むか、どうやって産むかによって大きく異なります。公立病院の相部屋よりも、私立のクリニックの一人部屋のほうが費用は高くなるのが一般的ですし、無痛分娩を選べば5〜8万円ほどが追加になるのが一般的です。また、分娩が深夜、早朝や祝休日になった場合には、割増料金がかかることもあります。

ただし、出ていくお金ばかりではありません。健康保険からは、原則として42万円の「出産育児一時金」が受け取れます。帝王切開になった場合などは医療保険に加入していれば、入院給付金や手術一時期などが給付されます。