永瀬廉に坂口健太郎…「おかえりモネ」が“ヒロイン男子”を愛でる朝ドラと言える理由

「マイフェアレディ」の逆の構図で
宝泉 薫 プロフィール

ヒロイン男子を愛でる楽しみ

そんな傾向が顕著だったのが「なつぞら」の次の「スカーレット」だ。

主役は当時31歳の戸田恵梨香。人気も実績も朝ドラ女優としては十分すぎるほどだったから、相手役の松下洸平と息子役の伊藤健太郎が「ヒロイン男子」と化した。

松下が演じたのは、同じ陶芸家として主人公の才能に嫉妬して離婚する役。伊藤が演じたのは白血病で夭折してしまう役である。

なお、伊藤は黒島結菜主演のドラマ「アシガール」(NHK総合)でも「ヒロイン男子」的存在だった。これは、とにかく足が速いという特技を持つ女子高生が戦国時代にタイムスリップして、大名の若君にひとめぼれ。その窮地を救おうと奮闘する物語だ。

 

その黒島は「スカーレット」に主人公の相手役と不倫しそうになる役で登場。そして「おかえりモネ」の次の次の朝ドラ「ちむどんどん」の主役でもある。彼女の朝ドラでも「ヒロイン男子」が活躍するのだろうか。

また、次の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」も気になるところだ。主役は上白石萌音、深津絵里、川栄李奈という実績ある3人なので、やはり「ヒロイン男子」が活躍しそうである。

ヒロイン男子を愛でる、というのは、今後、朝ドラの楽しみ方のひとつになっていくのではないか。

関連記事

おすすめの記事