永瀬廉に坂口健太郎…「おかえりモネ」が“ヒロイン男子”を愛でる朝ドラと言える理由

「マイフェアレディ」の逆の構図で
宝泉 薫 プロフィール

なお「おかえりモネ」ではもうひとり、内田衛(清水尋也)にも注目したい。百音にとっては気象会社での同僚で、当初はきのこヘアにメガネというオタクっぽい外見で登場。しかし、キャスターに抜擢された途端、さっぱりした髪型に変えメガネを外し、いまどきのイケメンに大変身してしまった。少女マンガのヒロインによくあるパターンだ。

その大変身ぶりを見た百音の幼なじみ・明日美は「育てたいわ、この人」と恋に落ちる。映画「マイフェアレディ」の逆の構図というか、女性側の上から目線を受け入れてくれそうなあたりも「ヒロイン男子」の魅力である。

応援したい欲求が周囲へ向かう理由

ちなみに、脚本担当の安達奈緒子は男性の可愛さを描くのがうまい。「きのう何食べた?」(テレビ東京系)では男性同士の同棲カップルを描いて高い評価を得た。演じたのは西島秀俊・内野聖陽という「おかえりモネ」にも出演するふたりだ。

NHKがどこまで意識していたかはさだかでないものの、安達の起用はまさに「ヒロイン男子」が面白がられる時代に合っていた。朝ドラでは最近、そういうキャラがまさに不可欠になってきていたからだ。

たとえば、2年前の「なつぞら」で「ヒロイン男子」的なポジションを担ったのが吉沢亮だ。広瀬すず扮する主人公とは幼なじみで、おたがい思いを寄せ合うが、別々の相手と結婚。やがて、画家として注目されるものの若くして病死する。

この朝ドラには清原も出ていて、広瀬よりもヒロインらしいなどといわれた。が、今回の朝ドラでは、清原にヒロインとしての訴求力が足りないという声も。これはある意味、仕方ないのだろう。広瀬も清原も主役をやると、強さが目立ち、ヒロインとして守ってあげたい気持ちに視聴者をさせにくいのだ。

思えば、広瀬の初主演連ドラ「学校のカイダン」(日本テレビ系)も、ダブルヒロイン的な構造だった。バディを組む先輩(神木隆之介)はイジメによって車椅子生活になり、闇落ちした設定。最終的には彼女が彼を闇から救い出す。「アルプスの少女」のハイジとクララにもどこか通じる関係である。

また、清原が主演した時代劇「蛍草 菜々の剣」(NHKBSプレミアム)は、主人公が剣の修行をして父の仇を討ち、濡れぎぬを着せられた武士を救う物語。ここでは町田啓太が「ヒロイン男子」的な存在だった。

 

それでも、広瀬や清原のキャリアがもっと浅ければ、視聴者の応援したい気分も高まっただろう。しかし、最近の朝ドラはオーディションで新人を発掘するより、すでに実績のある人を起用する傾向が強い。たくましい女優がたくましい主人公を演じるというかたちになりがちなのだ。

それゆえ、応援したい欲求は周囲のキャラへと向けられることに。なかでも「ヒロイン男子」の需要が大きくなるわけである。

関連記事

おすすめの記事