# 不倫

「離婚してくれないんですか?」3歳下のイケメン夫をたぶらかす不倫相手からの「宣戦布告」

不倫をしている当事者たちは、「お互いに好きだから別れられない」と言う。だが、その事実を配偶者が知ったら苦しむのは当然のことだ。中には「夫はATMだから、お金さえ入れてくればいい」と言う妻もいる。“仮面夫婦”をお互いに認識していて、「恋愛はアウトソーシングで」と黙認しあっている夫婦もいる……。

こんな「ひどい女」がいたなんて

「私は“サレ妻”ではありません」

のっけから強い口調でそう言うのは、近藤理彩さん(44歳・仮名=以下同)だ。

Photo by iStock
 

「こんなひどい女がいることを世に知らしめたい」と理彩さんから連絡をもらったのが数ヶ月前。何度か会い、メールのやりとりをしながら話を聞いてきた。彼女が言いたいのは、「不倫する夫」のことではなく、「結婚しているとわかっていながら夫と別れない女」のことなのだ。

理彩さんが、3歳年下の拓人さんと結婚したのは29歳のときだった。

「私は大学院を出て、それなりの企業に勤めています。拓人は高卒の職人さん。会社がリフォームしたときに、彼が出入りしていて、暑い時期だったので冷たいお茶を差し入れしたことがあったんです。それから顔を合わせるたびに挨拶したり、ときには世間話をしたりするようになって。

工事が終わるという日に、彼から名刺をもらいました。手書きで携帯番号も書いてあった。笑顔の素敵な人だったし、とにかく仕事が丁寧。実直な人柄にも惹かれました」

ちょうどそのとき、理彩さんは社内の先輩との3年にわたる不倫関係で泥沼にいた。子どものいなかった先輩は「離婚する」と言い続けていたが、実際には子どもが生まれたことがわかったのだ。

「あまりのショックで……。先輩は『たまたまできちゃったんだ』と言い訳をしましたが、それは奥さんに対しても失礼な言い方。もう別れようと思ったのに、誘われるとのこのこ行ってしまう自分にも腹が立っていました。そんなときに実直そうな拓人に出会った。私から彼の携帯に連絡をしてつきあい始めました」

関連記事

おすすめの記事