まさに“ネット界の文春砲”…“現代の公開処刑”ともいえる「コレコレ」とはいったいなんなのか

2021年1月に人気YouTuberマホトがファンの未成年女性にわいせつな画像を送らせていたことを被害者女性が出演する生配信を通じて暴露したことでも知られる“ネット界の文春砲”ことライブ配信者/YouTuberのコレコレが初の著書『告発』(宝島社)を刊行した。

この本には、彼が配信を通じて世に知らしめてきたインフルエンサーの犯罪や疑惑の数々を紹介しながら、コレコレ自身の考えや現在のスタイルに至った経緯が書かれている。

しかし、なぜコレコレはYouTubeライブなどの同時接続者数でアイドルと並ぶほどの人気を得ているのか。視聴者は何を求めてコレコレを観ているのか。

 

コレコレの配信はジャーナリストの仕事とどこが違うのか

もちろん「ネット界の著名人のゴシップが見たい」ということは大きいだろう。

とはいえ彼の配信はいつも大ネタを扱っているわけではなく、基本的に何かの被害に遭うなどして困っている人からの相談に応えるかたちで進行していく。コレコレ自身が本の中でもたびたび言うように「相談を解決するエンターテインメント」という形式を取っている。

コレコレの影響力が大きくなっていったのは相談配信を繰り返すうちに「相談に応える→加害者・疑惑の当事者がたまたま有名人だった→SNS上で拡散される」ということがたびたび起き、徐々に「YouTuberやTikToker、歌い手関連で何か相談するならコレコレ」という認知を獲得した結果である。

[PHOTO]iStock

ただ、そうはいってもよくある人生相談とは違う。では何なのか。

コレコレが相談や暴露をする理由は、本人いわく「おもしろいから」であって「正義のジャーナリストではない」という。たしかに、コレコレはジャーナリストのように自分の足で独自取材を行うわけではない。

コレコレはTwitterのDM経由で持ち込まれた相談を配信で取り上げ、可能な限り相談者が主張する「被害」の証拠を提出させる。そのうえで「容疑者」と目される人物の連絡先を手に入れコンタクトし、配信に呼び出して同様に証言や物証を詰めていく。その際に「コレリス」と呼ばれる配信の視聴者の中にいる法律など各分野の専門家からの情報を元に、相談者・容疑者にツッコミを入れていく。

コレコレの主な仕事は、事件の争点とコレリスの集合知を交通整理して「やったのかやってないのか」「ウソをついたのかついていないのか」「証拠はあるのかないのか」をひとつひとつ潰していくことだ。

つまり情報のハブであり、同時に進行を仕切る司会者である。

ジャーナリストのようにあるスジからのタレコミに対して事実のウラトリをしてから表に出すのではなく、ウラトリ作業自体を公開配信で行う。だから疑惑の証拠が出ないまま終わることもあるし、逆に相談者側の虚言がバレて立場が逆転することもあり、この点が疑惑をかけられた側からの批判を招いてもいる。

関連記事

おすすめの記事